失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ料理がまずいワケ

私は、アンチドイツ料理。

ドイツに3年以上住んでいながら、ドイツレストランにはまだ5回しか行ったことがない。
この数が少ないか、多いいかはわからないが、外食するならあっさりした物が食べたいと思う。

原因は、初めのドイツ滞在がホームステイだったこともあるが、何が嫌だって、ドイツ人と一緒にドイツ料理を食べるのが嫌。

ドイツ料理の基本は4種類の品がお皿にのる。。らしい。

肉・ジャガイモ・野菜の煮たもの・サラダだ。

ただこれだけを一つ一つ食べるのなら、それなりに食べられなくもない。
でも、これに肉をいためたり、煮たりした物をベースにしたソースを全体にかける、しかも、ドイツ人はお皿の中でごちゃ混ぜにして食べる。

ふむ!!!


わざわざ一品一品、料理をして洗い場には、そのために使った鍋が山盛りだ。
義母はその姿を「ピラミッドみたいでしょ。」と笑って言うが、私にしてみればそのピラミッドと皿の中でごちゃ混ぜにされた料理をみると矛盾を感じる。

どうせ、ごちゃ混ぜにするなら初めから、日本の鍋料理のように全部一緒に煮てしまえばいいのに、と思う。

だから、私はドイツ料理にソースなどはかけない。
というか、ソースをかけたら、ただでさえ脂っこいくて、味が濃いので食べられない。

味が濃いので、旅行などで訪れた日本人は、初め「ドイツ料理はおいしい!」と言うが、短期の滞在期間でも帰国前には、日本食が恋しくなるのだ。

さてさて、タイトルの「ドイツ料理がまずいワケ」だが、脂っこくて味が濃いのが、ドイツ料理。(と一言で言ってもいいでしょう。)
なぜ、そんな料理になってしまうかが、最近良くわかった。

原因は、素材が超マズイのだ。
野菜・肉、両方ともマズイ!
野菜は、BIO(無農薬の有機野菜)を購入しているが、本当においしくない!!!!!!!!!
味がしなかったり、きゅうりが苦かったり。。。

結構、いい値段する。安全を買っていると思い購入しているが、本当に無農薬有機野菜なのかわからない。

日本の生産者特定で、氏名入りの野菜なんて考えられない。

肉も同じ本当においしくない!!

野菜・肉もおいしくないから、長い時間煮て、濃い味付けをつけなくては、おいしくないのだろう。と気づいたのだ。

あ、サラダはソースをかけてごちゃ混ぜにはしません、だいたい別の小皿に持ってあってドレッシングたっぷりかかっています。
すごいドイツ人は、そのドレッシングを最後に飲みます。。。。

今回の滞在で前回までとすごく違うなと思ったことは、スーパーなどで低脂肪・低カロリーの商品が目立つこと、CMも多い。

これから、ドイツで生きていく中で、レストランに行かなくても、ドイツ料理を食べなければいけないことが多々あることでしょう。

頼むから、あっさりと、塩分控えめで料理してほしいものです。

そのためには、やはりおいしい野菜や肉の供給をお願いしたいです。

  1. 2007/10/23(火) 11:34:39|
  2. ・ドイツ的?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。