失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツの歯医者さん

一週間くらい前に、朝ごパンを食べていたら、

「ギシッ!」


って音と痛みが走ってから、常に違和感が歯にあったのでおととい歯医者さんに電話をして予約を取りました。

痛いことを告げると

「12月1日の午前11時なら空いている。その前は全部予約で埋まっている。」

と言われたのですが、その日は病院に行くので違う日が良いと言うと

「ちょっと待って下さい。」

と言われました。私は12月1日以降の予約が来ると思っていたのですが、

「うーーん、じゃ、今度の金曜日27日の午前11時ね。来てもらってから1時間くらい待つと思うけれども。」

って、おいおい!その前は全部予約で埋まっていると言ったのに、11月の予約が可能なのか?!
でも、待てよ。
ヒヨコがいたら歯の治療はムリだなぁ。
相方のいる午後がいいなぁと思い、小さい子がいるので午後が良いというとまさかまさかの

「じゃ、26日の午後3時で」

と言われました。
しつこいが、”12月1日より前は全部予約で埋まっている。”んじゃなかったのかい!

でも早く見てもらえることになったので私はうれしいけれどもね。

ってことで、行ってきましたドイツで2度目の歯医者さん。

ドイツで初めての歯医者は旧東ドイツの相方が良く行くところ。
その時のビックリしたのなんの、何か違和感があるのぉ、と思ったら手袋はしていたものの手を私の口の中に突っ込んで歯のチェックをし始めた話はこちら

そして、今回はちゃんと日本のように器具で歯をチェックしてくれましたよ。

でも、1年に1回歯の掃除は保険がきくというのでやってもらったのですが、
驚いたのは唾液と吸い取るやつが先っちょが使い捨てになっているんだけれどもそのゴム管をクイっと曲げてさっと私の口にひっかけて、歯科助手の人が一人で掃除してくれる。
その間もずっと唾液を吸い取る機械は作動しているのだが、唾液が少し溜まってくると

「はい、口を閉じて」

と言う、言われるがままに口を閉じると、唾液が上手い具合に吸われるのだ。
初めは吸い口にベロが当たってうまくいかなかったけれどもだんだん上手に出来るもんだ。

結局、歯の掃除が終わるまで一回も唾液を吸うやつに助手が手を触れることはありませんでした。

なんて合理的なんだ!
と思ったけれども、掃除している最中、顔にいっぱいしぶきが飛ぶので顔にはやぱり日本のように何かかぶせて欲しい。


いろいろ日本と違う点はあるけれども、大きく違うのは治療台がドイツは各部屋に一つずつなこと。
日本のように数台が同じ部屋に並べてあることはないようだ。
何の医者でもそうだが、診療室が数個ありその診療室を医師が行き来するのがドイツの診療所らしい。
だから、患者はだいたい待合室と診療室で2回待たされるのだ。

あと、面白かったのはエアーフローって言うの?空気がプシュッ!って出るやつ。
あれの味?香り?が選べるらしい。

レモンとカシスの2種類。


私は、結局虫歯でも歯が折れたのでもなく歯肉が炎症していたのでエアーフローはしませんだしたが、とっても気になりました。


いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/11/27(金) 02:24:10|
  2. ・ドイツ的?
  3. | コメント:7
<<日没時間の予測が付かない | ホーム | シーツを洗濯>>

コメント

アメリカも似たような感じです。
吸い取り、口を閉じてます(笑)。
私の行ってる歯医者さんは、お口をぶくぶくゆすぐコップもなくて、直接口の中に水をぴゅーっと入れて、ゆすいだ後吸い取る。これを数回繰り返してます。
年に2回チェックします。こちらは保険に入っててもカバーできないと医療費がバカ高いので、治療しなきゃならないなんてことにならないよう、予防に力を入れてるんですよ。
  1. 2009/11/27(金) 23:26:30 |
  2. URL |
  3. 美佐ママ #-
  4. [ 編集]

イタリアは歯医者って保険が効かないのですごーーーーーーーーーく高いんですよ~ドイツはいかがですか?もう歯医者は日本に帰国した時に通います。一応国で雇われている歯医者さんがいるんですが、金額は安いけど数ヶ月待ちなんですね。。。エアーフローって味が選べるんですね~驚きでした
  1. 2009/11/28(土) 03:50:34 |
  2. URL |
  3. shinomai #jC4ILonE
  4. [ 編集]

★美佐ママさん

口の中に直接水をぴゅーっとするのは、コツが必要ですね。
小さい子とか出来るのでしょうかね?

ドイツも年に2回チェックが義務ではないですが理想のようで、相方は歯のチェックポイントカードにサインしてもらっていますよ。
私のは、2年近く行っていなかったので失効したようです。。。
  1. 2009/11/28(土) 06:30:07 |
  2. URL |
  3. Morango #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

★shinomaiさん

ドイツの保険制度では、かかりつけ医に3ヶ月おきの1,4,7,10月に10ユーロ払わなくてはいけないのですが、
歯医者と眼科は、それとは別に10ユーロ払わなくてはならないようです。
歯医者と眼科では、やはり保険が効かない物が多いので
「これは、保険が効くけれども、これだと保険が効かない。どっちがよい?」
と聞かれることが多いです。
もちろん保険が効く方が良いに決まっていますが。。。
ちなみに子どもは、18歳まで全ての病院で無料です。

エアーフロービックリですよね。
しかも、なぜかカシスですよ。
ストロベリーとかピーチじゃなくて。。。
今度行ったら試しにプシュッてやってもらえるか聞いてみたいと思います。
  1. 2009/11/28(土) 06:41:21 |
  2. URL |
  3. Morango #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

こんばんわ~♡
私もいま日本で歯医者さんに通っています


パリでも歯医者さんに1度だけお世話になりましたが、やはり予約をとってから。

私はパンを食べていて、詰め物が取れたので、急いで欲しい旨を伝えると、同じように言われたのに、最終的には翌日に予約がとれました(苦笑)

治療は30分とかからず、1つの部屋に1人の患者さんという感じ。

そして、珍しく?上手かったです
やっぱり口コミの先生って良いのかも。。。

治療費は、国の保険のカバーと個人の保険で戻り分があるので、スゴく安かったです(国の保険も安い)

エアーフローに香り付きって。。。素敵☆
  1. 2009/11/29(日) 01:40:33 |
  2. URL |
  3. maururu #xNtCea2Y
  4. [ 編集]

★maururuさん

maururuさんも、パンを食べていて!だったんですね。
なんか日本で、パンを食べていて歯がどうにかなるって少ないと思うのですが、やっぱりそれだけパンを食べる機会があるってことですね。

珍しく上手かったってmaururuさんが言うのですから器用な人だったんですね。フランス人にしては。

フランスは結構保険とかしっかりしているんですね。

お口さわやか~なエアーフローですね、きっと。
試してみたい!
  1. 2009/11/30(月) 02:52:20 |
  2. URL |
  3. Morango #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/12/21(月) 21:15:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。