失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏休みですね

日本は今日から夏休みでしょうか?

ドイツは相方の実家地域は今日から夏休みに入った模様。
私たちの住んでいる地域はもうとっくに夏休み。

毎日毎日夜10時頃まで公園で遊ぶ子ども達の声が聞こえてきます。

ドイツの子ども達の夏休みは、約6週間。
相方と相方の妹は口を揃えて
「DDR時代(ドイツが西と東がわかれていた頃)は夏休み8週間あった。」
と言う。それはどうでもいいんだけれども。。。。

日本の夏休みは全国的にほぼ一斉に始まるがドイツは違う。
地域によって夏休みの始まりが違う。
以前にも書いたことがあるかもしれないが、理由は

観光地や道路の混雑や渋滞を避けるため

(笑)合理的でしょ?
たぶんそれだけでなくて有給休暇もまばらにとってもらえるからかも。。。

ところで、ドイツでも夏休みに入る前に成績表(通知票)なるものをもらう。
評価は5段階。
でも日本と違うのは1が一番良い事。

小学生のうちから評定平均などが出て、相方の甥っ子小3は2.0だったそうだ。
ドイツの場合成績が悪ければ、小学生であろうと落第がある。

小学校に入学するときには簡単な試験&検査があり、体力的についていけない子などは小学校に入学できずにもう一年保育園に通うことになる、またその逆にドイツの学校は9月始まりだが11月生まれでまだ5歳であっても体力的にも能力的にも問題ないと幼稚園でOKが出た場合は一年早く入学できる。
だから、ドイツでは同じ学年に2歳くらい歳が違うこがいても普通なのだそうだ。

日本がこんなシステムだったら、目の色変えてお母さん達は勉強させたり塾に通わせたりして落第や下の学年にならないように頑張るのだろうが、ドイツのお母さん達は
体力的についていけないんじゃしょうがない。
とか
もう一年同じ事が習えるなんていいじゃない。
って感じだ。とは言っても日本よりも学歴&資格主義な国です。

夏休みになって子ども密度の増すこの建物のエレベーター。
相方が先日エレベーターに乗ろうと思ったら男の子3人も一緒に乗ってきたと思ったら、一人の子が

ブーッ

とオナラをしたので、男の子達は大笑いしたり冷やかしたりしていたそうですが、ついに臭いが相方の鼻まで届いたそうで、それがとっても臭かったそうで相方は

「おぉー。これはいい成績だ。」

と言うと、子ども達は意味がわからなかったようで

「あなたには臭わないですか?」
と言われたので
「臭うよ。オナラは芸術じゃないけれどもオナラの臭いは一種の芸術だ。いい成績が取れるよ。」
と言ったらしいです。
すると、オナラをした男の子は相方にニコニコしながら
「じゃ、オレ絶対オナラの教科で1取れるよね?」
と言ったので
「もちろん。」
と応えたそうです。

それにしても、エレベーターの中でくっさいのをされたら、毒ガス中毒になるね。

いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]




テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/18(土) 15:16:29|
  2. ・ドイツ的?
  3. | コメント:2
<<来る日間違えたかな?フランクフルト | ホーム | お寺で・・・・続き>>

コメント

アメリカは11週間ほど夏休みありますが、フランスはもっとあると聞きました。なので、ドイツが日本とさほど変わらないとは意外。ヨーロッパも国によってさまざまですね。

日本のように年齢で学年が決まってしまうのではなく、ひとりひとりの能力に合った行き先を決める方がいいと思います。
アメリカも飛び級もあれば学年の途中で戻ってしまうこともある。でもそれが普通なので、みな自然なこととして受け止めてます。急いで大人になっても先は長いのですからね。ゆっくりじっくり学べるのならそれに越したことはないですよね。
  1. 2009/07/19(日) 02:25:10 |
  2. URL |
  3. 美佐ママ #-
  4. [ 編集]

☆美佐ママさん

私もフランスと同様、2~3ヶ月夏休みがあるものだと初めは思っていたのですが、日本と同じ!と聞いてびっくりでしたが、日本との大きな違いは夏休みの宿題がないことでしょうね。

夏休みでも勉強をしないといけない日本の夏休みってなんなんでしょうかね。
それでいて、学力の格差がすごいのも納得いかないですよ。
ゆとり学習などと言って変なプログラムを作ったりしていますが結局給食の時間が短くなって、食べるのが遅い子はほとんど給食に手をつけられないままごちそうさまになってしまったり。
塾の講師をしていたときは、学校の先生が生徒に「本当はここまで終わりにしたかったんだけれども終わらなかったから後は塾で教わってください。」と言われて帰って来たりしていました。
ヒヨコが現地校に通うようになったら、もっと色々と日本の学校との違いに驚かせられるのでしょうね。

  1. 2009/07/19(日) 19:20:44 |
  2. URL |
  3. Morango #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。