失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川に港のある町

相方の実家のある町には小さな港がある。
海ではなく、川にだ。

港=海

と言う感覚がある私だがエルベ川の畔では見慣れた光景らしい。

相方の甥の2メートル君は、魚釣り用のボートを持っていて、これからの季節は学校から帰ってくると前日に充電したモーターやオールなどをカートに入れ自分のボートの止まっている港まで行き、友達と魚釣りを楽しむのだ。

そんな川の港のある町には、こんなものがある。

luebz3.jpg

小さなダムのような感じだが、ここを船が通る時この写真で見える前の水門と私たちの立っている橋の裏(港の方)にある水門二つが動く。

写真の前方から船が来た場合。
まず、港の方の水門が閉められ、前方の水門が開けられる。そして水位が地上から1メートルくらいになるまで待ってから船はこの橋の前で止まります。

逆から来た場合、この橋の後ろで船は止まります。

で、

luebz4.jpg

車は両方向通行止めにされ、
この私たちが立っていた橋が上に上がり(開き)船が通るのです。

そして前方から来た船は港側にある水門を開けてもらい港に入ります。

港から来た船は、橋を通過した後は、港側の水門を閉めてもらい前方の水門を開けある水位が上がるのを待ち出発します。

別にここを通らなくても、ちょっと回ればエルベ川に戻れるのですが、お金に余裕のある人のやることはわかりませんね。合理的と言えば合理的??
ちなみにここは一方通行です。

私と相方の妹がToepfermarktに行く間に3カ所こういう水門のある場所がありました。

私たちの住むフランクフルト近郊にはマイン川が流れており、ちょっと行ったところにはライン川が流れていて、こちらは頻繁に大きな船が行き来します。川の幅もとても広いですがこんな水門は見たことはありません。

でも、相方の実家の近くを流れるエルベ川は、そんなに幅は広くなく、バカンスで個人の船などで訪れる。
だから小さな街なのにホテルも多い。

2メートル君弟に、町を案内してください!と頼んだら、

「はい。ここはホテルです。」

と教えてくれました。

「そして、ここは役場です。去年誰かさんたちがここで結婚式をしました。」

はい、それは私たちですね。

luebz.jpg

役場の周りの建物は、赤煉瓦の建物が並んでいます。

luebz1.jpg

ホテルも銀行もみんな赤煉瓦。

luebz2.jpg

役場を通り過ぎて川の畔の公園でヒヨコにキウイを食べさせていると、初めて来た場所なのになんだか見たことある建物だな。

金婚式で行った教会でした。正確には外から見たのは初めてで教会の中にあった模型を見ていたのですね。
この写真↓
lh.jpg

そう言えば、この町の道路はヒヨコのお気に入りでして、鋪装してあるのですが石畳の道路で車でもベビーカーでもガタガタする度に

「うううううううーーーーー」

と言い始めるんですよ。お昼寝一切しませんでした。
キウイを食べ、眠いのに眠れない。そしてカメラを向けられたヒヨコです。

hiyoko090323.jpg

口の周りが汚い写真ばかりだな~。

読んだよ、の2クリックよろしく。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/03/25(水) 06:03:52|
  2. 相方の実家(旧東ドイツ)2009
  3. | コメント:2
<<ボクのレシピ | ホーム | 今日から>>

コメント

ポツダムのオランダ人街っぽい赤レンガですよね
オランダと関係のある街なのでしょうか?
  1. 2009/03/30(月) 14:18:11 |
  2. URL |
  3. tomatomatos #yrTdUdco
  4. [ 編集]

☆tomatomatosさん

いつもありがとうございます!

オランダとは関係ないらしいです。
でも、隣の町の名前はRom。
イタリアに関係ある?と言うわけでもないそうです。

  1. 2009/03/30(月) 16:52:41 |
  2. URL |
  3. Morango #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。