失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Töpfermarkt

相方の妹は雑貨が好き。
趣味も良い。
アンティークが好きで家まで文化遺産に指定されている家を買ったくらいだ。

今回は私があまりにも彼女の雑貨や陶器をほめるのでTöpfermarkt(直訳すると陶器市)をネットで調べると私たちの住むヘッセン州にはほとんどない事がわかり、時間が空いたからと日曜日に連れて行ってくれました。

実際にTöpfermarktに連れて行ってもらうと、陶器市ではなく陶芸家のアトリエを期間限定で公開している日のようだ。

普段は、陶芸家は作品を作るのに専念し予約を受けたときだけアトリエを開け販売するようだ。
その代わり月に1回か2回土日にアトリエを公開し購買活動に専念する。

bluemango.jpg

一番始めに訪れたアトリエは、アフリカ人のご主人を持つドイツ人女性のアトリエ。
作品も型にはまっていない楽しい気持ちになる作品が多い。
右上の写真は玄関の呼び鈴。
呼び鈴に付いているのは、この州の鳥だ。

bluemango-1.jpg

私は、相方の妹にここでカップを買ってもらっちゃいました。ダンケシェーン。
そうそう、毎回ブログで相方の妹と書いていますが、本来なら”義理の妹”と書くのでしょうが彼女は私よりも年上なので”相方の妹”です。ドイツ語だと義理の妹だろうが姉だろうが”シュビガリン”と言います。

相方の妹が
「ここは、元は二人のドイツ人女性でやっていたんだけれども分裂して今はもう一人はこの隣でやってるの。そっちも見に行こう。」
と言ったのでそちらの方にも行ってみました。

次はそちらを紹介。

読んだよ、の2クリックよろしく。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]


テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/03/20(金) 00:13:27|
  2. 相方の実家(旧東ドイツ)2009
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。