失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一気に田舎から都会へ

旧東ドイツの相方の実家から昨日帰宅して、今日は朝から私の病院へ行ってきました。

新しい主治医になって2週間。
ステロイドの摂取量が多いのでしばらくは様子を見るため2週間おきに医師との面談&血液検査。

ステロイドの摂取を止めるために2週間前から他の薬を服用している。副作用が少ないらしい。
ステロイドはすぐに服用を止めることが出来ないので、ステロイドを服用しながら代用の薬も服用して、完全にステロイドを止めるまでに6~8週間必要だそうだ。
ステロイドを服用しなくなれば、このすごい顔(ムーンフェイス)とインシュリンとはおさらばらしい。

病院では、前の主治医が会議で来ていて忙しそうだったので挨拶だけしました。

ヒヨコはいつも通り何度も看護婦さんに抱っこされ、ケラケラ笑っていました。
どうやら、旧東ドイツより病院の方が落ち着くようだ。
でも、以前の様にベビーカーにじっとしていられなくなりましたね。
私か相方が近づくと両手を上げて、抱っこーの合図。
で、歩くーと床の方に頭を下ろす。

今日は、血液検査の順番が中々来なかったので、相方とヒヨコは何回も廊下を往復していました。

血液検査の結果は、主治医が3時間後くらいに電話で知らせてくれて、
「肝臓の数値が少し良くなったので、ステロイドを60mgに下げて下さい。」

と言っていました。

血液検査が終わってから、先週行こうと思っていたフランクフルト日本総領事館へ。
日本の免許証をドイツの免許証と交換するために、日本の免許証の翻訳が必要なのだ。

フランクフルト日本総領事館は、去年の9月頃から以前あったところから、メッセタワーの34階に移動。
以前は必要なかったが、メッセタワーでは正面玄関でパスポートなどの身分証明書を提示し、入館許可書のような物を発行してもらう。その許可書はフランクフルト日本総領事館で提出しサインをもらい、帰る際に正面玄関で渡すシステムだった。

セキュリティーのおじさんは前と変わらず同じおじさんだった。

「こっちに移動したんですねー」

と言うと
「もっと見晴らしの良いところに来たかったんだよ。」

と言っていました。

言われてみればそうだ、前は、21階だったけれども、今回は10階以上高い34階だ。

ヒヨコはここからの見晴らしが気に入ったようだ。
hiyoko090317.jpg

フランクフルト日本総領事館では、海外に住む私たちの問題を良く理解しているようで、西暦と年号、年齢の早見表が大正1年から
今年は平成21年です。
と書かれた紙が各机に張られている。
hiyoko090317-1.jpg

それから、各書類にラッミネートされた書き方の見本が渡される。
それなのに、毎回間違える私。
今度から修正液を持参で行こうと思う。

読んだよ、の2クリックよろしく。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2009/03/18(水) 05:07:51|
  2. 病気のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。