失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主治医が異動しちゃう

今日は、ステロイド糖尿病の面談で病院へ

いろいろ糖尿病担当者と話して次回の予約を入れようと思ったら

「今週いっぱいであなたの主治医は違う病院へ異動よ。」
と言われた。

「はい??」

話によると、今まで大学病院では一般医師だったのですが異動先では医長になるそうです。

「へ?聞いていないですけれども?じゃ、私はどうすればいいのですか?」

「私は、何も言えないわ。今の主治医が誰に引き継ぐかわからないけれども、この糖尿病病棟では引き継ぎは女医さんよ。今日帰りに予約を入れていって下さい。」

と言われました。

「その女医さんは肝臓の方も兼任ですか?」
と聞くと

「いいえ、その女医さんは糖尿病の方だけ肝臓の方は肝臓病病棟の方に行って予約を入れ無いとダメね。」

と言われました。

私の現主治医は運良く、肝臓と糖尿病を兼任していたので一人の主治医で全て対応してくれていたのですが、今度はそうはいかないようです。

とりあえず、糖尿病の方と肝臓病の方、両方とも医師との面談予約を入れてきましたが、
帰宅してから相方と話をして、現主治医の異動先がフランクフルト市内なのでもし主治医からOKが出たらちょっと面倒くさいけれども現主治医を追って病院を変えられるように手続きをしてみようと言うことになりました。

まずは主治医にメールしてもらいました。
どんな返事が来るかはわかりませんが、せっかく信頼できる医師に出会えたのですから。

病院の受付で後任の医師が誰なのかを訪ねると

「まだあなたの主治医が誰になるか現主治医からの指示は出ていませんが、この病棟の医師は全員肝臓のスペシャリストですから安心して下さい。」

と言われましたが、スペシャリストなのはわかっているけれども、現主治医と同じ対応(メールや電話でのスムーズなやりとり)が出来るかどうかが問題なワケですね。

どうなるのかな。

読んだよ、の2クリックよろしく。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2009/02/24(火) 02:28:54|
  2. 病気のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。