失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またインシュリンを打つことに。。。

予定通り、フランクフルト大学病院に行ってきました。

前回の血液検査で血糖値が10時間以上空腹で180以上だったそうです。

妊娠糖尿病の時は、空腹時で70から100、食後一時間で90から130。120以上の数値が出たら怯えてたくらいなので今回の空腹時180と言うのはかなりのものです。

しかも、今日お昼を食べる前に計ったら127と言う数字が出て、相方と二人で目を丸くしました。
そして、夕飯の前に計ったら、356と言う数字が!!!!
ぶっ倒れそうになりました。
これ現実です。
なぜ????お昼には白米は食べたけれども小さなご飯茶碗一杯。
後は野菜とか豆腐を煮込んだものとかだったし。
と思ったら、食後にステロイドを飲んだからじゃないかと相方が言い始めました。

いろいろ考えると疲れるのでそういうことにしておこう。

結局、今日の医師との面談では、
肝臓の病気をまず良くすることが先決でそれには血糖値が高いと肝臓へ悪影響を及ぼす他、ステロイドの効き目が悪くなるのでまずはインシュリンを使って血糖値を正常に戻すことが先決で短期で正常に戻ればインシュリンも止めることが出来るし、そうでなくてもステロイドを止めるまでの間なので辛抱して欲しい。」


と言われ、医師と一緒に糖尿病担当の人に引継ぎにそして説明を
「この患者は、とっても難しい病気が3つありまして・・・・云々・・なので慎重にお願いします。」
と言っていました。
血液検査の結果はまた2,3日後に出るそうです。その結果で血糖値の高くなった原因がわかるそうです。

また妊娠糖尿病は、胎児に影響がないように数値などに厳しく、血糖値も毎食前・後一日6回計り、インシュリンは毎食前3回と夜にたんぱく質を打っていましたが、
今回は普通の糖尿病と同じ扱いになるので、
食後の血糖値の検査は必要なく食前の血糖値の数値によりインシュリンの打つ量を決め、打つそうです。

それでも、結構面倒なので医師も
やることが増えて、ただでさえ病気で大変なのに赤ちゃんと遊ぶ時間がなくなっちゃうね。」
と言っていました。

本当に、今日も病院から帰ってきて相方は夜勤明けでそのまま病院に行ったので帰ってきてからすぐにベットへ、私もヒヨコにミルクをあげてベットへ。ヒヨコは一人で自分のベットで遊んでから寝たようです。

hiyoko090201.jpg
(変顔ブームです。)
ちょっとかわいそうですが、寝るまで一緒にいたことはほんの片手で数えるほどしかないし、ベットの中でもハイハイもどきで動ける範囲が広がったのでぬいぐるみ達に話しかけたり、本を読んだりして一人遊びを満喫しているようでもあるので、とっても助かります。

その分起きているときは、できる限り遊んであげようと思います。

インシュリンは薬局に在庫がなかったので明日の朝から打ちます。
あーー、いやだなーーー。
でも、インシュリン打たなきゃ駄目だな。の2クリックよろしく↓
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2009/02/02(月) 23:51:09|
  2. 病気のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。