失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

血糖値は正直だ

実は、2週間ほど前からすっごく喉が渇くようになり、一日に水を3リットルから4リットルくらいまさにがぶ飲みと言う言葉が合うくらいに飲むようになって、トイレに行く回数はもちろん水分を取れば取るほど行くのですが、体力がどんどん落ちているような気がしていたのです。

5日くらい前は、相方に
「良く煮た鶏肉みたいな感じなんだけれども。副作用が骨に来たかな?」
と言うくらい、自分の体の中で骨と肉がポロっと外れているみたいな感覚で、ヒヨコを抱えると落っことしてしまうのではないかと思うほど体力が落ちていました。

1月29日に2週間に一度の血液検査に3人で行って、帰りにゆっくり買い物をして、なんて思っていましたが喉は渇くし、体力はないしでお昼を食べ、必要なものだけを買って帰ってきました。

次の日は、相方にゾンビが歩いてるみたいだ。と言われるほど。
自分でも、なんか急に年を取ったおばあさんになった気分。足は思うように上がらないし、ピコピコっと歩いている感じでした。
おかしい、おかしい。体がおかしい。
と思っていたら

31日の朝に医師から電話があり相方が出たのですが
「血糖値がかなり高いので月曜日(二日)に検査をするので午前中の早いうちに緊急病棟に来て下さい。」
と言っていたそうです。
ステロイドの量を落としていく過程に起こる副作用の糖尿病か、もう一つは病気の何かが作用したかなので検査をするそうです。
その結果で、またインシュリンを打つか、新たなる薬を出すかを決めるそうです。
「血糖値が高いのは、ただ体力を消耗するだけなのですごく体がつらいと思います。」
とも言っていたそうです。このだるさの原因が血糖値だとわかったので、私はすぐに血糖値を下げるための食事を心がけました。
思い起こせば、ステロイドを50mgに減らしてから、一時期副作用のムーンフェイスがひどくなり、体力も落ち、料理もするのもやっとなのですぐに食べられるものを買ってきてもらったり、インスタントラーメンで済ませてしまったり、ちゃんと作っても相方が遅番で12時過ぎに帰ってきたりしていたのでそんな遅くに一緒にご飯を食べたり、と血糖値が上がることばかりしていたのです、しかも喉が渇くので水のほかに毎日オレンジジュースを1リットルも飲んでいました。

血糖値は正直なもので、医師から電話のあった日の朝食からセロリなどの食物繊維のあるもの、ハムとチーズも満遍なく食べ、他の食事も野菜中心で穀物を控え、オレンジジュースも止め、良く噛みゆっくり食事を取る様にしました。
すると一日前までが不思議なほど全く喉も渇かず、ゾンビのようには歩かなくなりました。

どっちにしろ、明日、もう今日ですね。血糖値の検査ですが、インシュリンは妊娠糖尿病の時でコリゴリなので、糖尿病と診断されたら食事療法でどうにかしたいと伝えるつもりです。

血糖値は、食べあわせでかなり数値が変わってきます。
たとえば、朝食にパン1枚食べた時より、パンにハムとチーズを食べキュウリやトマトを食べた時のほうが血糖値が低いのです。
カロリー的には、たくさん食べたほうが高いのですがね。

去年、バナナダイエットが大流行するきっかけとなった「ドリームプレス社」と言う番組で森三中の黒沢さんが実践した食べあわせダイエットを見たとき、
「これ、ドイツの糖尿病対策の食べ方と同じだ」
と思いましたね。

食事と食事時間を考え体力を養っていこうの2クリックよろしく。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2009/02/02(月) 01:32:02|
  2. 病気のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。