失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同郷の眼科

今日は、眼科に行ってきました。

相方は新しいメガネを作るための検査。
私はステロイドの副作用による視力の低下の為。

初めての眼科。
受付で二人ともメガネを預けメガネの度を調べ、その後日本でもある赤い気球が野原を動いてる映像をじっと見るやつをして、医師の診察待ち。

すぐに名前を呼ばれ、中に入って相方から診察。

新しいメガネを作りたいことなどを話すと医師が

医師「北ドイツ出身ですね」

相方「そう。メッケンブルク州」

医師「そうですかぁ。同じですね。もう30年前にこちらに移り住んでしまったのですけれどもね。」

と、どうやら同郷らしいです。診察しながらもずっとビールの話とか医師も楽しそうに話していました。

相方は先日、会社の視力検査で色盲検査にひっかかったそうで、その時は日本の石原式でひっかかったので、フェーハーゲン式というドイツので検査しました。

結果、軽い色盲だと言われていました。色覚異常は男性にだけX染色体の不活性化によって起こると言っていました。会社でも再検査をして仕事には差し支えないと診断されたの特に問題ないそうだ。
あとは、数年したら老眼になっていくと思うのでそのことも考慮してメガネを作ることにしたらしい。

そして、私。
びっくり、びっくり。
こんなに何も見えない視力検査って初めてでした。
小さな頃から視力だけは良くて、高校生くらいまで2.0と1.5しかこの世に存在しないかと思うほどだったのに。
ぼやけて何も見えません。レンズで視力調整しながら視力検査。
検査は全て数字。
Cのやつじゃなくて良かったです。斜め上とかドイツ語でなんて言うのだろうと思っていたので。。。
視力検査の結果、今使用しているメガネでは運転は禁止。運転するなら新しいメガネを作る必要があるとのこと。
その後、目薬で瞳孔を開け目の裏側などを検査。
異常はないのでステロイドの副作用による視力の低下ではなく、ステロイドの副作用、ムーンフェイスによる血圧の変化で視力が落ちている可能性があるそうだ。

瞳孔を開ける目薬をして待っているときに、他の患者さんに
「あなたはモンゴル人ですか?」
と言われました。思わず笑ってしまったけれども。
今の副作用で腫れた私の顔は、まさに朝青龍!(笑)

これだけ腫れるのだから目だって異常がきて当たり前だ。
今日から私はドイツの朝青龍!よろしく↓↓
     ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

診察後も同郷の医師は相方と話をしたり、ヒヨコを抱っこをしたりとってもうれしそうでした。
帰り際にも、
「今日は楽しかったです。また会いましょう!」
とどこかの家に遊びに行ったときのような見送りを受けました。

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2009/01/21(水) 20:54:19|
  2. ・我が家の日常生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。