失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鍵の開閉できない日本人たち

今、日本人の知り合いが来ている。
うちは、狭いので近くにあるホテルに一泊、その後はペンションに泊まってもらっている。

そこで、気になったのがカギの使い方がわからなかったことだ。

私の頭の中では、誰もが鍵の基本的な使用方法は生きている過程の中で身に着けていることだと、ただ、ドイツの玄関の扉は少しテクニックが必要なので誰か日本人の人が訪ねてくるとそのポイントだけ教える。

だけど、今回はなぜかいつもと違う。
まず鍵穴に鍵を入れるところから違うのだ。
鍵のギザギザのあるほうを上向きにし鍵を入れようとする。

「反対。反対。」

と、言った。緊張してとか、たまたまかと思ったが何度か同じことがあるので、

「鍵は平らになっているほうを上にして、鍵穴に入れるんだよ。」

と教えた。

それから、毎回鍵を逆回しにしたり、開いたのに逆にまた回してしまって閉めてしまったりする。

これもたまたまかと思ったが、普通じゃないことに気づき、思わず

「鍵のしくみって知ってる?」

と、聞いてみた。すると思わぬ答えが


「私、初めて鍵を持ちました。実家では田舎だから鍵なんかかけないし、今住んでいるマンションではオートロックだから番号を入れれば開くから。」

「あーーーーーそっか!そういうことかー。思ってみれば、平和村で働いているときも大学生の子でいつも家に入ってこられなくて、誰かが鍵を開けてくれていたけれど、私は彼女があまりにも天然だったからそのせいかと思っていたけれども、日本の便利さが日本人を使えなくしてるんだね~」

と、それから扉のところでどうになったら、鍵が閉まった状態になるのか、そして開いた状態になるのか説明しました。

その後は、今のところ鍵の開閉には困っていないようです。


平和村で働いていた鍵の開閉が出来ない子に出会ってから、3年。
それから、私が知り会った日本人の数って数えられる人数しかいない。
その中でも、二人も鍵の開閉できない人たちがいると言うことは、かなりの確率でそういう人がいることに間違いないと思う。


世の中には、オートロックの鍵の扉だけじゃないし、非常時のことも考えて、小学校や中学校の授業でも鍵のしくみを教えるべきだと思った。


考えてみれば、車だって鍵を差し込まなくても、ドアのロックはもちろん、エンジンだってかかる世の中だ。

だから、こういう人たちが増えても当然の世の中になったのだ。

ちなみに、鍵の開閉が出来ないのは、ドイツ人の相方には理解できなかった。オートロックって???。。。。


  1. 2007/09/09(日) 14:11:14|
  2. ・ドイツ的?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。