失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ人テロリスト逮捕!!

昨日からのトップニュースで、ドイツの田舎でアルカイダ派のドイツ人テロリストが逮捕された!!

ニュースでも、ドイツ人と言うことを強調している。

「ドイツでアルカイダ派のテロリストが逮捕された。ならありえることだか、ドイツでドイツ人のアルカイダ派テロリストが逮捕されたのは、私たちを震撼させた。また、ニューヨークのテロ発生日9月11日間近のテロリスト逮捕で、フランクフルト空港ではさらに警戒が強まる。そして、もう一度容疑者の名前を言います。フィリップ xxxxxです。フィリップ フィリップ! ドイツ人ですよ。」

と聴き

私は、寝ていた相方を起こし、ニュースの続きを見た。

フランクフルト空港では、イギリスでのテロ未遂事件の後からチェックインの際に二度の検査を受ける。
さらに強化するとなると、相方には他人事ではない。
まさにその検査をするのが仕事!
今日は月に一度の勉強会、いつもより緊張気味に出かけた。
もしかしたら勉強会がなくなり、今月いっぱい3箇所目の検査所が出来るかもと。

そうなると、今でも2度の検査で旅客の不満が大きいのに、さらに不満が募り大変なことになりそうです。


ドイツには、たくさんのイスラム教徒の外国人が住む。
世界中でもイスラム教徒は、キリスト教徒の次に多いと言われる。

私は、ドイツに来るまでイスラム教徒は、アラブ・イランやイラク・アフガニスタンなどのアラブ諸国だけだと思っていたが、アフリカや南アジアの諸国でもイスラム教徒の人が多いことを知った。

ドイツでは役所などの届けには必ず宗教を書く欄がある。
そして、特にアラブ系のイスラム教徒は厳重な取調べや時には指紋徴収もあるという。


今日は、大阪から知り合いがくるのでフランクフルト空港に迎えに行く、すんなり彼女のコントロールが終わって早く家路につけるといいな。

  1. 2007/09/06(木) 13:01:14|
  2. ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。