FC2ブログ

失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

2年ぶりの再会

昨日、ドイツ国際平和村で一緒に働いていたドイツ人の女の子と2年ぶりに再会した。


彼女は、メキシコに1年留学していて昨日ドイツに戻ってきたのだ。
フランクフルト空港に10時15分に到着予定だったので、到着ロビーでの待ち合わせだった。

念のため事前に、到着時刻をインターネットで確認すると、30分早く着くことがわかり、あわてて用意していると、携帯にメールが入った。

彼女のお母さんからだった。内容は

「私たちも、彼女を迎えに行くわ。」

だった。

ターミナル1のB出口で待っている。とメールの返事をし、出かけました。

彼女たちはまだ、来ていません。
友達の飛行機も到着した時間だけれども、出てくるまでに時間がかかっている様子。

待っている間、相方と「私たち」って彼女のお母さんと誰が来るんだろうと話していました。

私は彼女の家に遊びに行ったことがあるので、医学生のお姉さん・イギリスに留学中のお兄さん、それから犬のスルーピーも知っています。

でも、姉はベルリンに住んでいるはずだから、一緒に来るとしたら、兄かな?それとも犬??

と話しながら、私が彼女の家に遊びに行った時のことを話した。

彼女の家はすごく大きい!そして大晦日だったので、親戚の人や家族が帰ってきていて、ユースホステルのようだった。

一泊目は、朝起きると、なぜか廊下の机の上に鼻の長いねずみが籠に入って置かれていて、友達は「ギャーー」と驚いていた。

彼女はあわててお兄さんの部屋に走っていくと、鼻の長いねずみについてたずねた。
すると犯人はお兄さんで、そのねずみは自分の部屋にいてネズミ捕りにかかったと言う、そしてもう一匹くらいいるはずだとも言っていた。

その鼻の長いねずみは、お姉さんが起きたらびっくりするだろうと、友達はそのまま机の上に置いておいた。

私たちが、朝食をとっていると、

「ぎゃーーーーーーーーーー」


と、叫び声が。。。。
私たちは、大爆笑!!!

医学部でねずみの解剖とかしてるのに、生きているねずみを見て驚く、お姉さん!!みんなおかしくてたまりません。

そして、元旦の夕食。
みんなでチーズフォンデューをし、食後にカードゲームをしていると、硫黄のにおいがしてきた。

みんな、臭い!臭い!と、寒い外に逃げ出した。

私も、耐えられるず、笑いながら外に出る。

犯人は、犬のスルーピー!!

窓は全開!

冬のドイツはマイナス10とか。
それでも、窓を開けたいくらい臭かった!

においが収まったので、部屋に戻りゲームの続きを始めると、また硫黄のにおいが。。。。

また、外に逃げ出す。
また窓は全開!!

それを4回ほど繰り返した。

友達が「ママー!!いいかげん、面白くない!!スルーピーをどこかに連れて行ってよ!」

と言った。

私は、たまにこのことを思い出し、一人で笑ったものだ。そんな話をしていると、「私たち」が来た。

結果は、お母さんとお兄さんとお姉さんだった。

お姉さんは、お医者さんになっていた。お兄さんはまだ学生だけれどもイギリスではなくベルリンに住んでいて、今年のイースタンには、コンサートの仕事で東京に来たそうです。

お母さんたちとは、約3年ぶりの再会でした。

友達は、家族が迎えに来ることを知らずに降り立ったので、とってもびっくりしていました。


残念なことに、犬のスルーピーはなくなったそうです。
15年生きたそうです。アフリカにも住んだことがある家族で、犬にも同行したため、パスポートが発行されたそうです。

彼女は久しぶりのドイツなので、1ヶ月ほど実家のあるフライブルクにいるそうで、近々また遊びに行くことになりました。


とっても楽しみです!!
  1. 2007/09/05(水) 22:18:44|
  2. ・こ・と・ばの失敗