FC2ブログ

失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

因数分解中毒

ドイツの土日は、あまりやることないし、テレビもつまらないので、高校数学の問題集を引っ張り出して、頭の体操に因数分解の問題を永遠に解く。

あまりに因数分解をしすぎると変な症状が起こる

言葉も因数分解してしまっていることに気づく


たとえばこんな風だ。

「もう、お姉ちゃんは携帯不携帯なんだから!」

と言われたときに、携帯不携帯を因数分解してしまったのだ。



携帯+不携帯=携帯(1+不)

最近はそれをドイツ語でしてしまう。


この辺までの状態になると、数学の勉強ではなく。
数学というゲームという感覚になってきて次から次に問題が解きたくなる。

因数分解の問題がなくなるまで解いてしまう。


それが、なくなると私立難関高校入試問題を解いてみる。

かなり難しい。
こんな問題時間以内に解いている人がいると思うと気が遠くなる。

群馬にそんな高校がなくって良かったと思う。


文章問題を解いていて思ったこと、日本語の読解力が鈍ってきた。と。
かといってドイツ語の勉強をしているわけでもないので、ドイツ語でE-Mailを書こうとすると書けない。

実は因数分解なんかしている場合じゃない!!と言うことに気づかされるのだが、近くに語学学校がないので引っ越すまでは、暇つぶしはもっぱら数学になりそうだ。


  1. 2007/09/02(日) 21:04:38|
  2. その他