失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

退院しました。

昨日予定通り、午後の点滴が終わるのを待って、無事に退院出来ました。
心配して下さった皆様有り難うございました。

急に入院して、ブログも携帯からの更新だったのであまり長い文が書けなかったのですが、今回どうして白血球が下がったかを説明します。

医師の診断

・薬(バセドウ病の薬)による副作用で顆粒球の減少症→無顆粒球減少症
・重症の扁桃腺炎

白血球の極度な減少により、自己免疫力が減少し日常生活では危険な為、無菌室にて抗生物質、好中球増加促進剤を使用し治療します。

と言うことで、喉が痛いから直接塗り薬でも付けてもらおうと思って出掛けたのに、緊急入院となりました。

今日からは、自宅療法で点滴の代わりの飲み薬を一日4回、四日間飲み、その後はかかりつけのお医者さんにて診察します。

現在、薬はPBCの薬を一種類だけ服用していますが、他の薬も必要になってくるので少しずつ足していくようです。

でも、今回の無顆粒球減少症の原因になった薬は二度と服用出来ないので、それに代わる薬で試してみるようです。

今後も、熱が出たり、扁桃腺が腫れたりしたときは、日本にいてもドイツにいても緊急で病院に行き白血球の検査をするようにと言われました。

今回の教訓です。
薬には、眠気や下痢等の他に、こんな副作用もあるんだなぁ、と言うことを頭に入れておかなければ。

ブログランキング参加中!応援クリックお願いします。
[FC2ブログランキング]←1位キープ出来るか?
[人気ブログランキング]←クリック♪クリック♪

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2008/09/09(火) 23:55:41|
  2. 病気のこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。