失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そろそろ実行しよう

昨日、ドイツ国際平和村の元&現ボランティアの人だけのメーリングリストの中で、
5年ぶりにテレビ取材で女優の東ちづるが来てくれたと言う内容が少し触れてあった。

あ~。私がドイツ国際平和村でボランティアを始めたときから5年が経ったのだと思った。

時折思い出す平和村でのこと、たった1年だったが色々なことが思い出される、
着いた初日に施設の中を案内してもらっているときに最初に声をかけてくれたのが、顔のやけどがひどい男の子だった。
「ハロー」と声をかけてくれた、私も「ハロー」と返すが彼の顔を直視できなかった、彼はまた「ハロー」と繰り返す。私が彼の顔を見て「ハロー」と言えるまでに3回も「ハロー」と彼は言い続けた。
私はこの時、本当にここで働けるのかとっても不安になった。
しかし、それは本当に数日で、その後買い物に出かけたりすると町やバスで出会う子供達が逆に怪我ややけどをしていないことが不思議に思えてしまうくらいだった。

私が1年間ボランティアをしている間は、平和村の中で大きな変化があった1年だと私は思っている。
1つは、新しい施設が完成しそこを使用できるようになったこと、子供達の施設だけでなくボランティアの宿泊施設も完成した。
もう一つは、食糧事情が良くなった。

新しい施設に移る前は、私たちボランティアは8畳くらいの部屋に2段ベット3つとシングルベット一つ、それから机や椅子、本棚などがあり、その8畳で衣食住をしていた、料理は床で、食器などの洗い物は洗面所で、その洗面所はトイレとシャワーも一緒で8人で使用していた。。
支給される食事は週に1回パンが支給され、バターや塗るチーズ、水、ジュースは必要なときもらいに行く、お昼は子供達と同じ食事が支給された。
一度、日本人スタッフの人にボソッと
「たまには、焼きたてのブロートヒェンが食べたいなぁ。」
と言うと
「ごめんなぁ、ここは子供達の為の施設で子供達優先やからボランティアさんの分まではないんよ。」
と言われた、別に平和村からブロートヒェンを支給してもらいたいと思って言ったわけではないが、今でも心に残っている。なぜなら、その時の平和村の食糧事情は良いとは言えなかったからだ。
おやつは全員に渡らないのが当たり前。
子供達に踏まれたりしないように、おやつをほしがる幼児を壁側に集め必死に子供達の中をかき分けおやつをもらいに行ったことがある。
なぜなら、まだ言葉を発しない1歳くらいのアンゴラの女の子、頭と腕をやけどしていた1歳を越えてはいたと思うが、大きさは今のヒヨコくらいだったと思う。その女の子がある日の昼食の時、ドイツ人の職員が
「誰か、おかわりが欲しい子はいる?」
と言うと、子供達が次々に人差し指を高く上げ
「Ich(イッヒ)!」(私とか僕の意味)
とあげると、その女の子も人差し指を高く上げ
「Ich!」
と言った。子供達は笑っていたが、私は涙があふれた。
彼女の初めての一言がママやパパではなくおかわりを要求する「Ich!」だなんてと。

それが、新しい施設が出来てからは子供達の朝食には全員に焼きたてのブロートヒェンが渡るようになったし、おやつも全員に渡るようになった。ボランティアにも毎朝焼きたてのブロートヒェンが支給され、バターなどの他にも野菜や牛乳などが週に一回支給されるようになった。

私はすごい変化だと思う。これはたくさんの日本からの寄付のおかげだ。

でも、ボランティアに支給されている食料は十分ではない。
平和村でのボランティアは体力勝負だ。腹が減っては戦は出来ない!なんて言葉もありますが
少しでも体力が落ちると、子供達の持っている病気がうつってしまう可能性大なのです。

先日、お客さんが来るよ~でも書いたが、7月6日に1泊だけだったが現ボランティアの人が来てくれた。その時彼女と色々と話をしたが現在は日本人ボランティア20人!!!で支給される食料はあっという間に底をつく、例えば10リットルの牛乳が1日で終わるとか。。。また、足りない分を自分で購入するにもユーロが高く、平和村でボランティアをする為の資金も予想外に減るのが早いという。

それもそのはずです、私がボランティアをしていた頃は、1ユーロ135円前後でした、それが現在1ユーロ170円を超す勢い、しかもかなり物価が高くなっています。

話は長くなりましたが、そろそろ実行しようと思います。
ずっと思ってたけれどもなかなか出来なかったこと。

「ドイツ国際平和村のボランティアさんを応援します。」

皆さんにもご協力をお願いしますが、私の体調もまだ万全ではないので少しずつ始めます。

第一弾として
炊飯器を寄付して下さい!
ドイツ滞在の方で日本帰国予定の方、ドイツ国際平和村のボランティアの宿泊施設に是非炊飯器を寄付して下さい。すぐじゃなくても良いです。寄付して下さる方メールお願いします。

ブログランキング参加中!応援クリックお願いします。
[FC2ブログランキング]←1位キープ出来るかー?! やばいよー!
[人気ブログランキング]←クリック♪クリック♪こちらもあがるとうれしい!!

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2008/07/10(木) 01:20:29|
  2. ドイツ国際平和村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。