失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

助産婦さんの訪問

昨日、日本の母にせかされて、やっと相方が助産婦さんに電話をしてくれた。

電話をすると近くに今いるのですぐに向かう。と言ってすぐに来てくれました。

入院初日からの寝不足が重なって限界の私には救いの手だった。
母乳もあまりでないし、でも、母乳で育てないと、とかなりストレスが貯まっていたが助産婦さんが、

「みんな初めは母乳で育てる。と言い切るけれども正直にミルクと半々にするとか、ミルクだけにするって言って良いのよ。母乳で育てないからダメな母親だとか、思ってもいないし言わないわ。
大事なのは、赤ちゃんが空腹の状態でいないこと。それから一番大事なのはたくさんの愛を赤ちゃんに与えることよ。」


と、言ってくれた。
そして、助産婦さんは私たちが退院時に買ってきた粉ミルクを見て、
「これはアレルギー用のミルクだから、お腹がすっきりしないの、今から紙に書くから、すぐにお店に行ってミルクを買ってきて!」
と相方をお店に走らせました。

その間、助産婦さんは私の血圧を測ったり、子宮の状態を確かめたり、ヒヨコのおしりやおへその状態を観てくれました。

そして、
「あら、ヒヨコの足、とっても冷たいわ!」
と言って、靴下をはかせてくれました。

socken.jpg


かわいい手編みの靴下です。
老人ホームのワークショップで購入したそうです。老人ホームのおばあちゃん達が編んでくれた靴下。
助産婦さんはこの靴下がとても気に入っているのでワークショップが開かれる度にまとめて購入し、赤ちゃんにプレゼントしているそうです。

ヒヨコは、靴下3足履いていますが、まだ冷たい足をしているので湯たんぽを足の下に入れてあげました。

日本だとお風呂に毎日入れてあげるので、そんなに足が冷えることが無いのでしょうが、ドイツでは赤ちゃんの肌に良くないと言うことで、週に1回、多くて2回までしかお風呂に入れてはいけないそうです。

今日、これから助産婦さんが来てヒヨコをお風呂に入れてくれます。

ブログランキング参加中。予定の時間を過ぎたけれども、助産婦さんまだ来ないなぁ。応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←健闘中、トロフィーついた!!保持できるか?!
[FC2ブログランキング]←1位キープできるかな???

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

  1. 2008/04/05(土) 14:01:25|
  2. ○ドイツで育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。