失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

よく頑張った!

ただいま~。

相方の報告通り、予定日だった3月28日に無事ヒヨコを出産して帰宅しました。

28日22時40分に出産後、1時間ちょっと、分娩室の隣の部屋のベットでヒヨコを抱っこしました。その間ひよこは私の指をずっと離さずにいました。
なんか、さっきまでお腹の中にいたのに不思議だなぁ。
私のことをわかって手を握っているのかなぁ。
なんてぼぉーーと考えながらその時間を過ごしました。

その後ヒヨコは、予定外の4日間を新生児病棟で看護師さんの24時間の監視と1日4回に渡る血糖値の検査を行いました。

私は毎日4時間おきに約1時間くらい授乳にヒヨコのところに通う入院生活。
いつもヒヨコは、ぐっすり寝ていて相方といつも

「ヒヨコは、いつもよい子に寝ているね。他の子は結構泣くのにね。」

「ヒヨコは、眠り姫だね。」


なんて、言っていました。
でも、4日間の監視を終え、入院最後の夜11時からは私の病室で寝ることに。
いつも通りぐっすり寝るだろうと思ったのに、それが結構ぐずったりでちょっとビックリ。
何度かベットから置き授乳したり、パンパースを替えたりしました。

その時思いました。5泊6日の入院中に二人部屋の同室になった二人は、常に抱っこしたり、授乳したりしていたなぁ。そう思うとヒヨコは、私とは別室で授乳時以外ずっと足にセンサーをつけ、食前には毎回足の裏に針を刺されては血糖値を測って、お腹がすいても4時間毎以外は我慢しこんなに小さいのによく頑張ったなぁと。

そう思ったときから、私の目からは涙が止まりませんでした。

そして余りしてあげようとは思っていなかったが、私から離れるとぐずるので添い寝をした。

隣で、私にぴたっとくっついて寝るヒヨコの寝顔を見れば見るほど涙があふれでた。

かわいそうと言うより、本当に、本当に、ヒヨコは良く頑張った!と言う思いでいっぱいだ。

ヒヨコは、きっと緊張感いっぱいの毎日だったのだろう。

hiyoko4-2.jpg


私たちの声を聞きながら、今ヒヨコはすやすや眠っている。

そして今日からは、相方とヒヨコと私の珍生活がスタートする。

ブログランキング参加中。相方の記事の拍手数すごいなぁ。応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←健闘中、トロフィーついた!!保持できるか?!
[FC2ブログランキング]←1位キープできるかな???

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

  1. 2008/04/03(木) 00:14:33|
  2. ○ドイツで出産
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。