失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひらがな よんでいます

未だに、ひらがなをポチポチ読んでいる相方。

きっと日本にいれば、あちらこちらでひらがなを見かけるので、上達するのでしょうがドイツでは家にある食品のラベルが彼のれんしゅう相手。

でも、食品だから仕方ないがだいたい

「おいしさ」
とか

「おいしく」

で始まる。これも文化かな。



相方は、毎回手巻き寿司の次の日は、お弁当に巻き寿司を持って行く。

しかも、小さな容器に練りわさびを入れ、日本のお弁当についてくる醤油を持って行く。

これが、相方のステータス。

お弁当に持って行く醤油は、日本の両親がお弁当やお寿司についてきた物を集めておいて送ってくれた物だ。中には餃子のたれとか、からしもある。

初めの頃は、私が醤油を選んであげていたのだけれども、ひらがなを覚え始めてから自分で探すようにしている。

相方は、結構几帳面な性格のはずだが、ひらがなは当てずっぽうだ。

どう見ても、中身が黄色いのに

「あ、しょうゆって書いてある。」

とか、言っている。しょうゆって書いてあるならどうぞ、お持ち下さい。と言いたいところだ。
日本のからしは、辛いんだぞーー。(笑)

そして、醤油。一般的に寿司屋のテイクアウトでついてくる、緑で、文字やラインが印刷されている奴ですね。

それを持って

「あ、これは本当にシ・ヨ・ウ・ユって書いてある。
あ!それにここには、ス・シって書いてある。
でもス・シの後に漢字があるなぁ。」


と言う。

すしの後に、漢字1文字?

すし屋?
すし用?
すし店?
すし種??


と、考えたがしっくりくる言葉が出てこない。

「ねぇ、本当にすしって書いてあるの?」
と訊いてみた、すると相方は、

「本当に書いてあるよ。ほら!」

と、見せてくれた。
そしてよく見ると







うす塩









と書いてあった。

すしなんてどこにも書いていない。


私:「もーーう、すしなんてどこにも書いてないよ。これは、うす。」

相方:「でも、は、あってるでしょ。」

私:「・・・・はあるけれども、出て来る順番が違うでしょ。アラビア語じゃないんだから、右から左には読まないの。」

まぁ、5月まではもう少しあるし、何とかなるかな。

私の日本での企みは、ひらがなしか読めない相方と従姉妹のうちの悪ガキと二人だけで買い物リストを持って買い物をしてくる、というもの。

悪ガキは要領が良いので、わからない物は店員さんにどんどん訊いて買い物カゴに入れるだろうが、自分の好物の卵焼きや納豆、お菓子類もたくさん入れそうで怖い。

でも、相方は悪ガキとの買い物をとっても楽しみにしている。

ブログランキング参加中。頑張れ相方!次はカタカナじゃ!応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←ただいま、健闘中。
[FC2ブログランキング]←1位キープ中

今までの、相方のおもしろい日本語を集めた記録はこちら→相方の日本語録

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/02/13(水) 13:42:32|
  2. ☆相方の話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。