失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツで産む場所探し

2ヶ月くらい前まで、私は当然のことのように、今、通っている産婦人科で出産するものだと思っていた。

でも、違いました!

今の産婦人科では出産する設備がないそうです。

思ってみれば、その産婦人科には入院する場所もないしね。

と言うことで、産婦人科の女医さんに紹介してもらい、今度住む町にある出産できる病院を紹介してもらいました。

相方をせかし、電話をしてもらうと見学に来るように言われたので予約を入れ、先日見学に行ってきました。

私は、相方と看護婦さんか誰かと病院内を見学するのかと思い、写真でも撮らせてもらおうとカメラを持って行ったのですが、予定時間になってみると、なんと妊婦さん15人くらいとそのパートナーないし、友達や子供で、30人以上集まりました。

初めに、食堂で案内役の助産婦さんから一通りの説明があり、そのあと院内を見学。

まず、現在空いている病室2部屋。
どちらとも、二人部屋で各自つり下げ型のテレビと電話付きのベット、シャワーとトイレ、それからおむつ交換をする台、と荷物を入れる棚がついています。
おむつ交換をする台以外はドイツの普通の病院と変わりありません。

二人部屋になっていますが、希望すれば一人部屋として使用でき、もう一つのベットは付き添い人が泊まることが出来ます。

これを聞き、相方は

「じゃ、ぼくも泊まれるね。」
と、でも私に
「近いのだから家に帰ってください。」
と言われ、いじけていました。

実はこの病院、たまたまなのですが、今度引っ越しする家からとても近いのです。
歩いて15分くらいのところにあるので、わざわざ1泊45ユーロ払って泊まることはないのです。
きっと、相方のことだから寝る以外ずっっと病院に居座っていそうですがね。

次に授乳室。
病室で授乳しても良いが、リラックスして授乳が出来るようにと設けられているスペース。

そして、リラックスルーム。
プールがあれば、ちょっとしたリゾート地の一角のような部屋。
そこで、食事をしても良いそうです。

それから、分娩室の見学。
分娩室は4部屋。
病院の一室とは思えないような感じで、重々しい医療器具が見えないような作りで、H.I.VとC型肝炎の検査で陰性の人だけが使える浴槽付きの部屋が2部屋。

と、上記と同じ感じだけれども、浴槽を希望しない人とH.I.VとC型肝炎の保持者が使用するベットのみの部屋が2部屋。

陣痛の合間をみて、リラックスするための湯船だけの部屋。(H.I.VとC型肝炎の陰性者のみ)

出産後、2時間母胎の様子を見る部屋。

新生児の様子を見る部屋。
妊娠糖尿病の母親を持つ新生児はここで48時間監視される。

と、一通り見学した後、質問などを受け、解散になった。

この病院を見学して、やっぱりドイツでの出産で良かったー。

と思えるような施設だった。

どの部屋も、医療機関とは思えない感じで、妊娠最後の休暇を過ごしに行くような気分だ。

入院は産後、最低3日、長くて10日だそうです。それ以上入院が必要な人は内科に移動になるそうです。

帰りの車の中で、病院がとてもきれいだったことに感動していると、相方も

「この病院は、ドイツの中でもきれいだと思うよ。」

と言っていました。

でも、気になることが。。。。
今回の見学会、皆集まって院内を見学し、解散したけれども、なーーーんにも名前を記入したり、予約をしたりすることはなかったけれども、本当にこの病院で出産できるのだろうか?

と思い、昨日、相方に病院に電話してもらいました。

予約などは、必要ないそうです。
一応、事前に必要事項を記入したりして予約のような形を取ることも出来るけれども、基本的に陣痛が始まってから病院に来てくれればよい、と言う。

なぜならば、もし隣町に買い物に行ってそこで産まれそうになったら、その町の病院で産めばいいことで、わざわざ予約した病院だからと産まれるギリギリまで我慢する必要はないからだそうだ。なんて合理的なんだ。

日本では、妊婦が出産直前なのに病院何件もたらい回しにされたなんてニュースがあったけれども、そういうことはないんだろうな。そうでなければ、こんなシステムはとれないだろう。

それから、この病院では陣痛が始まってから行けばよいだけで、事前にそこでの診察はしないそうです。

なので、私の出産前最後の診察はいつもの産婦人科で、出産するときは見学した病院に行くそうです。

出産専門の病院と言うことですね。

ブログランキング参加中。病院の見学に行って、とてもワクワクしてきました。応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←20位目指して健闘中。
[FC2ブログランキング]←1位キープ中。頑張っています。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活


テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/02/09(土) 20:29:41|
  2. ○ドイツで妊婦生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。