失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私の妊娠糖尿病の原因

昨日は、糖尿病専門医での問診がありました。

先週からの血糖値の表と血糖値が高かった時の食事の内容を見せると、私の高血糖値の原因は、白米にあるとの診断。

他のおかずなどは、ドイツの糖尿病の人にモデル食として出してあげてほしいような食事だと言われました。

でも、お米は私の主食でもあり、妊娠糖尿病ではダイエットが目的ではないので、お米を食べるなとは言えないし、量を減らせとも言えないので、日本米のような粘りのあるお米ではなく、玄米やインディカ米やジャスミン米などのようなパラパラしているお米に代えてみることになりました。

それから、お米を食べるときは、お昼の注射液の量を2目盛増やしてみることに。
そこで、今回から私のお友達になるのが

COLLECTION.jpg


クッキングタイマー君たちです!
たくさん料理が出来ます。

というのは、冗談で、先週から使っていたペンタイプのものは、液が2目盛ずつ設定するものに対して、こちらのは、1目盛ずつ設定できるので私のような小型な(注意:ドイツでは)人には適しているそうです。

実際、使ってみてこちらの方が使いやすく、目盛を設定して注射を打つと、打った分だけ目盛が下がるので、ペンタイプの時のように最後まで液が出たかどうかわからず針を抜いてみたらまだ液は半分残っていた。ということがなくなりそうです。

前回と昨日、担当してくれた人は、この器具がお勧めだけれども、他の人が違う意見で院内に在庫として両方置くことは出来ないため、最近はペンタイプのものを勧めているそうな。

と言うことで、指の腹と、おへその周りと太ももの針の穴は増える一方ですが、少し苦痛がなくなりました。

昨日の夜から来週の金曜日までの数値を見て、数値が落ち着いているようであれば、これから出産まで通院せずに、この状態を続け数値が高いときなどは電話でアドバイスを受けるようになるそうです。



おまけ。。。なのに長いよ。

白米禁止の私。昨日は試しに細長いお米の玄米を炊いてみました。
相方「これは、ご飯じゃない。パラパラパラって箸の間からみんな落ちちゃうよ。」
と言いつつも、スプーンで2杯食べていました。
「このご飯をお弁当に持って行ってもおいしくないと思うから、お弁当用に白米炊かなくちゃね。」
相方「そうだね。そうじゃないと、ご飯がみんな床に落ちて、僕が痩せちゃうよ。」
家では、鬼妻に箸で食べずらいものは、強制的にフォークやスプーンを渡されて食べるが、仕事場でのお弁当はどうしても、どうしても、箸!を使わなくては気がすまないようだ。
以前、箸を忘れたことに気づいた相方はわざわざ屋台のようなアジア料理を扱うところに行って割り箸をもらってきたそうだ。
ということで、箸でも食べられる白米を相方が炊くことに、でも、お米をストックしている缶の中にはお米がほんの少し、他にもストックがあるはずと棚の中を探したけれども見当たらない。
「じゃ、年末に送られてきたレンジで温めるお赤飯があったはずだから、明日のお弁当はそれにすればいいよ。」
と、相方に棚の中を探してもらうと
相方「あっ!」
と言って、私に見せたものは日本から送られてきた日本米!
相方「一番いいものを見つけちゃったな」
と大喜びでご飯を炊いていました。

ふん、どうせ、私は4月まで日本米禁止で食べられませんよーだ。(心の声)

ブログランキング参加中。左にある出産までのカウントダウンは私の日本米解禁までのカウントダウンともいう。応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←20位目指して健闘中。
[FC2ブログランキング]←1位キープ中。頑張っています。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活


テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/02/08(金) 12:43:02|
  2. ○ドイツで妊婦生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。