失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出産準備クラス 4回目

昨日は出産準備クラス、4回目でした。

出かける前にガソリンを補給して、と思って、最近は出産準備クラスの行われる町でガソリンが安いところを見つけたので、行かないけれども、今回はそこまでガソリンがもたなそうなので地元ではいつも行くガソリンスタンドへ。
そのスタンドから200メートルくらい離れたところにも、もう一つガソリンスタンドがあるのですが、おととい電車の中から値段を見たところリッター7セント(約10円)くらい違っていたので、迷わず安い方へ。
ドイツのスタンドは日本で言うセルフ式。それなりに回転しているのですが、道路まで車が並んでいます。
相方とも
「リッター7セント違ったら、皆こっちに来ちゃうよね。」
と、結局ガソリンを入れるまで15分くらい待ったので、先週に続きまた遅刻ーー。

今回はいつものマタニティー体操を息づかいに注意しながら、

鼻でゆっくりすってー

口からはいてー

赤ちゃんにまで酸素が届くようにーー


と、酸素運動ですね。

相方は、助産婦さんに呼吸の仕方がうまいと褒められていましたね。
代理出産でもする気かな?

マッサージも、おんなじ風に呼吸をしました。

後半は、良くわからなかったけれども

赤ちゃんの心音を取った記録を見て、赤ちゃんが正常な状態や異常のあるときなどの説明。
それから、陣痛が来たときに飲む薬やジェル?のこと。
母親の心音が上がると、赤ちゃんの心音も上がり危険な状態になるので、熱いお風呂に入ったりしないように、とか言っていました。

質問は?

と、訊かれたので

「日本では出産前の1ヶ月は週に一回のペースで病院に行くのですが、私は出産まで後50日だけれども、病院の予約は3回しか入ってない、しかもそのうちの一回は助産婦さんの診察なので実際には2回の診察ですが、ドイツではどうなのですか?」

と、訊いてみた。

母手帳を渡すと、端から見て、

「何も問題がないから、最後の1ヶ月は2週間に1回の予約が入ってるの。普通よ。問題がある人以外は出産直前でもみんなこんな感じ。」

だそうだ。

妊娠糖尿病と診断されても、産婦人科の診察時で血糖値が高い以外、何も異常がないので診察に行く必要がないそうだ。

血糖値の事は、その専門医が診ているってことでしょう。でも、今、私が気になるのは、胎児の体重が今どうなっているかってこと。

29週目の診察で1200gと言われて、その後妊娠糖尿病と診断され、前回はエコー診察はなし。次は21日の診察だけれども木曜日なので助産婦さんの診察。またエコー無し。

ちょっと気になるなぁ。

今日は、糖尿病の専門医院、それから出産予定の病院の見学があるので、その病院で訊いてみよう。

ブログランキング参加中。ここ最近何かと忙しいなぁ。応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←20位目指して健闘中。
[FC2ブログランキング]←1位キープ中。頑張っています。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活

「最近、拍手出来ないけれども壊れているの?」と言われました。試しに自分で拍手をクリックしてみたら、エラーが出ます。
FC2さんに代わり「ごめんなさい。機嫌が良いときと悪いときがあるみたいです。機嫌がよさそうなときに拍手して下さい。」ペコッ

テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/02/07(木) 11:20:36|
  2. ○ドイツで妊婦生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。