失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7回目の診察 糖の検査

今日は、7回目の診察があった。
前回、言われたように昨日の夜から断食。

朝8時に病院へ。
ちょっと待った後に、尿検査と、血圧、体重、それから1回目の血糖値の検査。
その後すぐに、糖分のある専用のジュースを400ミリぐらい飲む用に渡され、飲んだ後。

赤ちゃんの心音を取り、女医さんの診察。

初めに、女医さんの書斎で談話。鉄分が少ないのでクスリを出してくれること。
それから、1回目の血糖値の数値は普通だったことなどを聞き、診察室に移動し、
エコーで赤ちゃんの様子を見た。

順調に育っているそうだ。性別も女の子で変わりない、そうだ。

体重は1200g、胴体の長さは15センチで予定日に会わせてもちょうど良い大きさらしい。

私の体重は、前回より減っていて、初診から2キロ増。
妊娠ダイエットか?
本当に増えない。
今まで、どれだけ蓄えていたかがばれるな。。。

診察の後、すぐに2回目の血糖値の検査。
そして、あと1時間待っているようにと言われた。

待合室で、待っていると急に気分が悪くなってきた。
トイレに行ってみたり、相方にいすをつなげてもらって、横になってみたり。

そういえば、いつもの下手な看護婦さんが心音を取っているときに何回も
「調子悪くない?大丈夫?」
と訊きにきていた。

横になっても、戻してしまいそうな勢いだ。
相方に言って、看護婦さんに伝えてもらった。
人工的に急に血糖値を上げるので良く調子悪くなる人がいるそうだ。
すぐに、ベットに連れて行ってもらい、横になった。
血圧を測ると、上が100以下。

あまりにも眠かったので、少し寝かせてもらい、3回目の血糖値の検査もベットの上で。

検査後、ゆっくり座っても良いと言われたので、座って待っていると、看護婦さんが血圧をはかりに来て、血圧を測ると上が105になっていたので、大丈夫だろうと言われたが

なんと、血糖値が高すぎると言われた。
私たちは、思ってもいなかったのでビックリだった。

血糖値の高い原因を調べるために、来週は専門の病院にて検査する。
妊娠中には、よくあることだからと言っていたが、体重も増えていないのでおかしいとの事。

私が思うに、血糖値をあげるジュースの量が、日本人の私には多いのではないかと。。。

まぁ、来週の検査の結果を待つことにしよう。


ブログランキング参加中。ぽちっとお願いします。
[人気ブログランキング]←毎日健闘中。
[FC2ブログランキング]←1位キープ中。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活





テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

  1. 2008/01/14(月) 20:02:07|
  2. ○ドイツで妊婦生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。