失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塩粘土でトトロ

相方の、

「子供部屋はトトロがいいなぁ。」

の一声で作ってみました。

totoro1.jpg


みればトトロに見えるでしょう。

この私のブログの中で何回か登場している塩粘土。ドイツ語でSaltzteigザルツタイクというものです。

これは、ドイツで戦後貧しかった時代、冬の夜長にわずかな料金で作れて、プレゼントにも出来ると編み物やレース編みなどと主婦や子供たちが作っていたそうです。

この塩粘土本当に安価で出来ます。
原料は、塩と小麦粉と水。
私は、塩粘土を作るときは、安い塩と小麦粉を購入してきます。
塩も、小麦粉も30円くらいで買えます。それ以外は、オーガニックのを使っています。

小麦粉と塩と水の分量の目安は、小麦1、塩1に対して水0.5です。

小麦粉500g、塩500g、水250gがこねやすい量です。

生地がまとまらないときは、分量の他に水を少しずつ足していきます。
気候や季節によって空気中の水分が異なるので、あくまでも目安の分量で、生地がまとまるくらいの硬さがベストです。小麦粉と水で硬さを調節しましょう。
特に、立っているような形の物を作るときは、耳たぶくらいのやわらかさだと、やわらかすぎます。

トトロの耳や、きのこを立てるのには、針金をさしました。

粘土の成形後は、オーブンで120度で約6時間焼きます。焼くというより乾かす形になります。

totoro4.jpg


その後は、アクリル絵の具やステンシル用の絵の具で色をつけ、ニスを塗って出来上がりです。

totoro2.jpg


このココナッツの器が倒れないようにするために、四葉を作りました。


totoro3.jpg


トトロのひげは、針金です。焼く前にさしました。
色を塗る際に、針金にも色を塗ってあります。


以前、義父母からのプレゼントを読んだ日本の母

母「あのお人形さん、とても上手に出来ていたわね。マジパンでしょ?」

私「マジパンじゃないよ、塩粘土だよ。」

母「でも、食べられるんでしょ?」

私「食べられません!!」

という電話での会話がありました。

念のため、この塩粘土、口に入れても害はないかと思いますが、高血圧になるでしょう。
塩分が多いため、ねずみも食べません。

この塩粘土をするときは、貴金属ははずして作って下さい。錆びます。。。


ブログランキング参加中!応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←頑張ってます!!
[FC2ブログランキング]←1位キープ中!ダンケ、ダンケ。

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/01/07(月) 14:37:57|
  2. 手作り&リメイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。