FC2ブログ

失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

クリスマス・ストレス終了!

ドイツでは、12月になるとニュースなどで良く「クリスマスストレス」と言う言葉を良く聞く。

このクリスマスストレスとは、クリスマスの準備ストレスだ。

私たち日本人には、クリスマスは12月25日だからそれまでにプレゼントを用意したりすればいいじゃん。とりあえずクリスマスツリーはその前に飾るけれども。

って感じですが、こちらのクリスマスは12月24日からさかのぼった4週前の日曜日から始まる。

今年なら、12月2日の日曜日からだ。
最低でも、この日までにアドベンスの用意はしておかないとです。

このアドベンスは、簡単に説明すると、クリスマスリースのような台に4つの大きなろうそくを立て、第一週目の日曜日に一つ目のろうそくをつけて、次の日曜日に2つ目をと順につけていきます。クリスマスの日までには全部のろうそくがつくことになります。クリスマスまでのカウントダウンとでも、言えばよいのでしょうか。

それに、子供のいる家では12月1日から24日までの毎日にお菓子などの小さなプレゼントを用意して日付の書かれた袋や箱にそれを入れておく必要があります。

それから、家族全員分のクリスマスプレゼントを家族各自が用意します。こちらのクリスマスは日本のお正月のようなもので家族がそろってお祝いをするので、そのときの料理などを用意します。ただし、日本のようなクリスマスケーキはありません。

写真も何もないので説得力ありませんが、クリスマスは1日、二日ではなく、長丁場なのでストレスが溜まるのです。

私たちは、自称無宗教なので、日本流のクリスマス希望です。
でも、相方の実家には家族全員分のプレゼントを送らなければと、先週頑張りました!

クリスマスプレゼントのテーマ「お金はないけれども、愛を込めよう!」

と言うことで、こんなものを作ってみました。

ge1.jpg

ゴールキーパーで恐竜好きの小2の甥っ子へ


ge2.jpg

魚釣り好きの中2の甥っ子へ

ge3.jpg

糖尿病の義父・母へはお茶、2匹の犬には、おやつ

他の人は、日本の従姉妹や知り合いに頂いた和風小物や食べる小魚などを包みました。
ge4.jpg

恐竜は卵の中に、魚は魚型に、犬へは犬型に包みました。

昨日、郵便局に出したので私のクリスマスストレスは終了です。

ほっ。


恐竜と魚は、Salzteig(塩生地)で作りました。小麦粉と塩と水を練り合わせた粘土を120度のオーブンで6時間焼きました。

小学校の図工の授業で作った作品のような感じですねぇ。相変わらず幼稚な作品だ。

今日も1クリックずつお願いします。
   ↓↓    ↓↓
ranking ??????????

  1. 2007/12/14(金) 07:45:16|
  2. ・ドイツ的?