失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガムを噛みながらがベスト!!

昨日は、盲腸の疑いが晴れたので、お腹は痛かったけれども以前から約束していた、相方同僚宅での寿司パーティーに行きました。

とは言え、寿司を用意するのは私たち。我が家の炊飯器役の相方は慣れた手つきでお鍋でご飯を炊き、私は卵焼きを焼いた。

梅干しの種を抜き、ペースト状にしたり、キュウリやスモークサーモンを切ったりとさっさっと用意をして、手巻き寿司の巻き方を説明して、では召し上がれーーー。

話題は日本のことや彼らの仕事場での話。

相方や同僚は仕事柄、毎日色々な国の人と接するので仕事場では英語を使うことが多いが、その英語が通じないことがあるとか、英語で話をしているのに




「英語でお願いします。」



と言われることがあり、はぁあ?っと何度も思ったことかと話す相方の同僚。
イギリス英語、アメリカ英語、アイルランド英語の方言は聞き取れないし、わかってもらえないことがあるらしい。
なぜなら方言を話している人は、自分は英語を話していると思っているので方言を話していると思っていないからだ。それにドイツ人の英語は日本人にとっても聞き取りやすい英語。と言うことはやはりアクセントが違うのだ。

そこで、アメリカ人英語を毎日研究した相方の同僚は、アメリカ人の英語はガムを噛みながら話しているような感じがすると思って、売店でガムを購入し噛みながら話したところとても良く通じる様になったそうだ。

それからは、アメリカ行き、特にテキサス行きを担当するときはガムを噛みながら対応するようにしたそうだ。

へぇぇーーーー


初め冗談かと思ったけれども、本当らしい。
日本じゃ、ガムなんか噛んで仕事したら怒られるけれどもドイツではそれは関係ない。生きているのだから、のどが渇いたら何か飲むし、トイレに行きたくなったら行けばいい。ガムを噛んでいた方がしっかり仕事が出来るならそれでも良いのだ。

しっかり仕事をすればよいのだ。
特に彼らの仕事は、飛行機の安全に関わる仕事。
危険物を飛行機内に持ち込まないようにするのが仕事だ。
一つでも危険物を見逃したら、テロ事件にだって発展するかもしれないのだ、だから小さなナイフ一つでも見逃したら首だ。

相方がそんな大事な仕事をちゃんと出来ているのか心配になるところだが、今のところ首にはなっていないのでちゃんと働けているのだろう。。。。

初めての「手巻き寿司パーティー」は大好評で、次回はいつ寿司パーティ?なんて言葉も出るくらいみんなよく食べた。
次回は、私たちが引っ越したら他の日本食にも挑戦してみようってことになった。今からみんな楽しみにしている。

そして、今回習った英語術をぜひ私もアメリカ人に試してみようと思う。

ブログランキング参加中!1クリックお願いします。
   ↓↓↓      ↓↓↓
ranking 人気ブログランキング

  1. 2007/12/11(火) 09:53:22|
  2. ・こ・と・ばの失敗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。