失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧東ドイツまでの珍道中~ついて来て下さい。

旧東ドイツまでの珍道中。
魔女で有名なハルツ地方、とりあえず、ここで魔女にご挨拶。

助手席から



「おーーーーーーい!魔女!!」

と、ドイツ語で2回ほど叫んでみました。
相方は大笑いです。

ここで、一つ良い問題が出来ました。

★ドイツの魔女のオナラは臭い。

なぜでしょう?答えは、一番最後に。。。

私はドイツのこのハルツ地方が好きです。一度しか行ったことないですけれどもね。

ところで高速道路は、初めの100キロと違い、渋滞もなく時速120キロから140キロくらいで走って快調です。

大学都市のゲッティンゲンでおにぎり休憩&義母に電話。

そこから100キロくらい走り、給油。
驚きのスーパー価格!
1リットル1.46ユーロ
高い!高い!高い!リッター7セント、フランクフルトで入れたより高いです。
高速道路内だからしかたないね~。
と、走り始めました。

車は本当に少なくなり、少し不安になるくらい。
でも、時折遅いトラックが走っているので、
「ずっと真ん中を走っていけば良いよね。」
と、後ろに車が付かない限り真ん中の車線を走っていました。

給油をして10分後くらいに、後ろに車が付いたので、右側車線を走りました。そして、後ろを走っていた車は私たちを追い抜きました。

通りがけにちらっとその車をみると、Polizei(警察)と書いてありました。

「警察の車だったね。」
と、私が言うと、いきなり青いランプがチラッと付き、その後


Bitte! Folgen


と表示されました。

私「Folgen て何?」

相方「ついて来い!って意味だよ。」

私「へぇ、誰に行ってるの?」

相方「ぼくたちだよ。」

私「何かしたっけ?スピード出しすぎていないよね。」

相方「そうだね。規則制限の出てる120キロで走ってるね。」

私「お酒飲んでいないかの、チェックかな?」

相方「そうかな。」

と、話しているうちにパーキングエリアに到着。

若い警察官が二人パトカーから降りてきて、まずは私たちの車のフロント部分から懐中電灯で車のナンバーや私たちを軽く照らしました。

相方が、ドアを開け

「こんばんは、何ですか?」
と言うと、警察官の第一声は

「ドイツ語、話せますか?」

私は、助手席で大爆笑です。
ドイツ人がドイツ人にドイツ語はなせますか?って訊かれるなんて。

それから
「免許書と車両証明書(車が自分の所持物だと証明するもの)を提示してください。」

と言われ、免許書等を提示、それから警察官は
警察「疲れてない?お酒飲んでいない?」
と訊き、相方が
相方「飲んでいないし、疲れも今のところ感じないね。」
と応えると
警察「どうして、ずっと真ん中の車線走ってたの?違反だよ。右側車線に車がない場合は真ん中ではなく、右側車線を走らなくてはいけないんだけれども?ところでどこまで行くんだい?」

相方「Luebz」
警察「そこはどこ?」
相方「メッケンブルク州、シュベーリンからちょっと行ったところ」
警察「わかった、とりあえず、今回は真ん中車線を走っていたこと以外は問題ないから、罰金も目をつぶってあげるけれども、疲れていたりしたら無理をしないで休んでから先を走ってください。」
相方「はい、ありがとう」
警察「ところであなたがドイツ人だから一緒に乗っている人もドイツ人だよね?」
相方「いいえ、日本人です。」
警察「じゃ、その人の身分証明書も拝見させて」
と言われたのでパスポートを渡すともう一人の警察が私のパスポートを検査。そしてもう一人の人は相方の免許書の番号等を写していました。

私のパスポートを見ている人が首をかしげていたので、降りていって
「わかりましたか?」
と、言い、パスポートの説明をしました。

そう、先日パスポートの名字を変えたのでちょっと複雑になっているのです。説明が終わると
「ありがとう。ところで、体の具合は大丈夫ですか?」
と訊かれました。おなかを押さえていたので気になったのでしょう。
「妊婦です。」
と応えると
「あ、そうですか、じゃ、気をつけて!」
と言われました。

相方は、もう一度警察に右側を走るように念を押され、それから

「健康な状態で運転するように!」
と警察は去っていきました。

私たちは、そのパーキングエリアでトイレにより先を急ぎました。

相方は
「警察はちゃんと仕事してるね。それにいいトイレ休憩ができたね。」

と言って、右側を走っていました。

ハンブルクを過ぎた辺りで、義母から
「もう、ハンブルクに入った?」
電話がありました。

その後は、問題もなく家を出発してから、8時間半後無事、実家に着きました。


なぜ、ドイツの魔女のオナラは臭いか、それは、ドイツ語で魔女は
Hexe(ヘクセ)

へ、クセーだから。。。

たぶん、私がハルツで魔女を呼んだのだけれでも、代わりに警察がついてきてしまったようです。

ブログランキング参加中!
    ↓↓        ↓↓
ranking ??????????

  1. 2007/11/27(火) 23:14:11|
  2. おでかけ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。