失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧東ドイツまでの珍道中~三回周って、ワン!

11月21日、15時半の出発を予定していましたが、私がおにぎりを作っているときに具合が悪くなり、相方が仕事から戻るまでベットにもぐりこんでしまったので、大幅に出発が遅れ、16時半すぎに車に乗り込みました。

座席に座り、最終チェック!

クスリ持った?
誕生日プレゼント持った?
地図は?

と、確認しながら相方

「コートは脱いで運転した方が良いよね。」

「だね」
と、私が答えるとすぐにコートを脱ぎだしたが、

コツ

と、音がしたのでその音の方を見ると、相方の頭がバックミラーにあたったまま動かない。
なんで動かないのだろうと思ったら、相方、頭でバックミラーを支えていました。

。。。。。。

またかよ。。。

これから出かけるというときに、バックミラーが取れました。
1ヶ月前くらいにも、一度取れてしまい瞬間接着剤で付けたのですがぶつかった衝撃でまた取れてしまったようです。

部屋に戻り、瞬間接着剤を塗り、5分くらい私がバックミラーを支えている間に、念のため、相方には自分で経路の確認をしてもらいました。

今度こそ、出発です。

ネットで、実家までの経路を調べプリントアウトしたものが今回の私たちの大切なナビゲーター。
こちらでは、通り名で、道案内をするので一つずつ道路の名前を確認しながら走ります。

「○○通りを右
そう走行距離2キロの辺で交差点があるから、それを左」

と、助手席でその紙と通り名、そして走行距離を照らし合わせ、通った箇所をチェックしていきました。

出発して10分後、フランクフルト空港。

「ここを左に曲がって、次、また左。。。だけど、この距離からするとこの信号じゃなくて、もう一つ先だね。」

「この信号を左に曲がって、そして200メートルくらいのところを斜め左ねー。」

と言ったのだけれども、相方が走っているのは右折斜線。

「左だよ。左!!」
と私。

「でも、右って看板に書いてあった!!」
と相方。そして、斜め右に曲がり、地図に対してことわざで良く聞き取れなかったけれども、10ユーロを棒に振るところだったみたいな内容を口走っていた。

でも、書いてある通りに曲がってくれなかったので、私は

「もう!反対に曲がったら、今どこを走っているかわからないじゃん!地名や通り名を追っていくだけでも大変なんだから!もう自分で適当に走りなよ」

それでも、地図と看板に書いてある地名を照らし合わせてみる、何か違う気がする。相方にも

「ねぇ、やっぱり違うよ~。」

と言うが、合っていると言う。
そして5分後

「ねぇ、ここいつも、隣町に買い物に行ったときに通る道だよ。しかも、また家の方に戻る方向だよー。」

「ふむ、そのようだね。」
と相方。

「で、どこに行くの?ここから違う道があるの?地図はわざわざ遠回りを教えたの?やっぱり、あそこ左に曲がるんだよ。ねぇえ!」

「とりあえず、このままスタート地点に戻るしかないなぁ。」
と、相方。

「ねぇ、今日は行くの止めよう。なんか嫌な予感がするよ。明日の朝、出発しようよう。だって、出発して20分走って家に戻ってきちゃったんだよ」
と言ったがもう一回挑戦しようと言うので、すごろくの振り出しに戻るで、もう一度スタートからやり直し。

17時を過ぎているので、1回目とは違い空港周辺はちょっと渋滞していたが、とりあえず、さっきのポイントまで来た。
相方が、

相「ほら、看板見てみて、高速道路5番で、カッセル方面はこっちの車両だろう?」

私「うん、でもここに左って書いてあるよ。もしかしたらこの先にあるかもしれないじゃん」

相「どうする、どうする?ここで曲がる?さっきはここで曲がったんだ。」

私「ちがうよ。さっきは斜め右で曲がった!このカーブじゃなかった。」

相「でも、高速道路5番って書いてあっただろう。もう通り過ぎちゃったけれども。。。」

私「じゃ、この先でまた下に降りて、戻ればいいよ。そして、さっきの高速道路5番って書いてあるところを右に曲がろう。それでも、だめだったら今日は帰ろうね。」

と言うことで、今度は逆周りでまた家の近くまで振り出しにもどり、本当に本当に三度目の正直だ。

フランクフルト空港の前を左に曲がり、二つ目の信号を左。そしてすぐに右に曲がり、高速道路5番に入る。

「これで、合ってるよね。いいよね。」

「そうだよね。合ってるよね。紙に書いてある地名と同じだからね。」

としばらく、半信半疑だったが目的の方向に、3回目にしてやっとたどり着いたのでした。


片道650キロの珍道中はこれで終わりではありません。

続きは、また。

ブログランキング参加中!クリックよろしく。
   ↓↓↓    ↓↓↓
ranking  人気ブログランキング

  1. 2007/11/26(月) 14:30:52|
  2. おでかけ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。