FC2ブログ

失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

赤福餅のおもひで・・・

ネットのニュースを見て、赤福餅が永久営業停止とか。

私たち、家族にはちょっとした思い出がある。

私が小学校3.4年生の頃、家族離れ離れで三重県で暮らしていたことがある、久しぶりにまた家族4人で暮らすことになり、三重県から群馬に戻るときに、鳥羽で一泊してたぶん駅の売店で何箱かお土産に赤福餅を購入し、そのうちの一箱を電車の中で開けてみんなで食べているときに、母が
「歩きづらいと思ったら靴の底がはげてきているわ。まだ新しいのに」

というと、父が冗談半分で

「この餅つけたらどうだ?群馬に着くくらいまではもつだろう。」

と、赤福餅のあんこをはずしくっつけると、思いもよらずとっても良くくっつきました。
たぶん、それから1年以上はきつづけていたと思います。

旅番組や、名産店などで赤福餅を見かけると、
「靴にはるか?」とか「これに助けてもらったな」
と、父が言います。

ちょっとしたことだけれども思い出深い赤福餅がなくなると思うとちょっとさびしいですね。


ranking

  1. 2007/11/16(金) 04:10:40|
  2. その他