失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エコー写真は財布の中に

私の妊娠を楽しみにしていた相方。

妊娠テスターも自分で買ってきたくらい待ち遠しかったようです。
ドイツでは、妊娠テスターで陽性が出たら99.9%妊娠確実と言われているようで、相方は今でも大事にその妊娠テスターをしまってあります。(カビとか生えないのかなぁ?)

テスターで妊娠が確実になってからは、相方の顔を見るのが怖いくらい、ニタニター。ニタニター。としています。

しかも、妊娠雑誌を購入してきたり、ネットで色々調べたり大変です。

相方の両親には、ビックリさせようと初めてのエコー写真が来るまで内緒にしてありました。
相方は、エコー写真をもらったらすぐにそれをスキャンし、私の両親にメールで、そしてプリントアウトして相方の両親へ送っていました。

そして、そして、元のクリオネのエコー写真は、相方の
「これ、仕事に持って行って良い?」
に、
「持って行けば」
と応えてしまったために、相方の財布の中にあります。

毎日、同僚に見せているようです。
「かわいい!!」
とか、言ってもらえるのがうれしいようで次回も持って行くと張り切っていました。

相方の妹の家にもハロウィンの折り紙と一緒にエコー写真を送ったら、
お兄ちゃんに
「これ、なんだかわかる?」
と、写真を見せられた小学生の甥っ子は、


「火山の写真かな?」


と言ったそうです。なかなか赤ちゃんだとわかってもらえず、相方の妹は彼らのエコー写真を引っ張り出してきて、甥っ子が納得するまで時間がかかったと言っていました。

お腹の活火山は活発に活動中です。

しかも、先日の検診で女の子と判明しました。


しかし、子供の写真を財布に入れ持ち歩くドイツ人はたくさん知っていますが、エコー写真を持ち歩く人は、相方くらいだろう。。。


今日も、クリックよろしくお願いします。
   ↓↓↓
ranking

  1. 2007/11/15(木) 00:08:15|
  2. ○ドイツで妊婦生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。