FC2ブログ

失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

初めての診察・②

初めての診察・①の続き~

女医さんの診察です。

「この角の部屋で下を全部脱いで、この診察台の上に座ってね。」
と言われて、
下を脱いでから、診察台まで行き、戸惑った。

靴は、どうしたらいいんだろう??

と、先生に聞くとそのまま靴ごと足をのせて!って言われてなんか変な気がしたけれど、靴ごと足をのせた。

女医さんの診察が始まり、
「うん、ちゃんと妊娠してる、じゃ、今度はベットに寝てね。エコーで見てみるから」

と言われたので、診察ベットへ移動。

ここでも悩む。靴を脱いでとは言われなかったなぁ。

で、また訊いてみた

「靴はいたままで横になって!」

はぁ。。。

ベットまで靴はいたままって、靴を載せるマットがベットにしいてあるけれども、なんか変な感じである。

日本だったら、大きな病院でない限り、病院の入り口でスリッパに履き替えて中に入っていくし、何かとスリッパを脱いだり履いたりして、診察を受けるので、すごい戸惑ってしまいました。

でも、考えてみれば、おなかの大きくなった妊婦さんが靴を脱ぎ履きするのは大変だからであろうということだろう。

他の病院で診察ベットに横になるような診察は受けたことがないのでわからないが、きっと婦人科だけだろうと思う。

もう一つこの日驚いたこと。

妊婦で食べ物等で注意することは?の質問で、返ってきた応えが

生魚、スモークされた魚は食べては駄目よ!」

だった。

日本人=魚


というイメージがあるのでしょうね。
生魚は、新鮮なのが手に入らないのでずいぶん食べていません。
だから、大丈夫でしょう。

エコーでは、ウーパールーパーみたいなのが、指を動かしていました。
持って帰ってきた、エコー写真にはクリオネが写っていました。

次回はどんな驚きがあるでしょうか。
お楽しみに


ブログランキング参加中、応援よろしく!
   ↓↓↓
ranking

  1. 2007/11/13(火) 06:18:48|
  2. ○ドイツで妊婦生活