失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄道はストライキ、ガソリンは高騰

タイトル通り、ドイツ鉄道、いまだにちょこちょこストライキしてます。

昨日は、貨物と一般電車のストライキ。

ドイツ鉄道が当てにならないので、車での通勤者急増!
しかも、貨物もストライキを起こしているときては、安定輸送のためトラック等での輸送も増えている。

ハンガリー人の友達は、ドイツからハンガリーに車を輸送する会社を運営しているが、ドイツ鉄道がストライキを開始してから、アウトバーン(高速道路)の渋滞が増え、今までもギリギリでハラハラどきどきだった納品の時間に完全に間に合わないことが多い。
しかも、ガソリンは減るのが早い。

そして、おととい私たちガソリンを入れに行って、ビックリ!!!

1週間前より、1リットル、10セント以上の値上がり!!!!
日本で言うレギュラーが144.9セント!

1ユーロ165円で計算すると、1リットル239円!!

たぶん世界的にガソリン高騰しているのだと思いますが、高すぎです。

だからといって他の交通手段を使おうと思っても、ストライキしてたんじゃ、車に乗るしかありません。

メルケル首相、そろそろ出番じゃないですか???
というか、早く出てきた方が良いと思うけれど。。。

ドイツのRostockで行われたG8後にメルケル首相自ら開催国として、CO2削減案で、飛行機の航空税(だったかな)を上げ、航空チケットを高くして、飛行機に乗る人を少なくする。その代わりにCO2をあまりださない電車での輸送を奨励する。と

言っていたじゃないかーーーーーーーーーーー。

でも、そんなこと言っても仕方ないか、本人は毎日車での移動、海外へは専用ジェット機で移動だ、どの国の首相たちも専用ジェット機飛ばさないで国民と同様、エコノミークラスで移動すれば、税金もCO2も減らせるのになぁ。

どちらにしろ、私たちの頭の中から「電車は当てにならない」と言う概念が出来ています。

国を挙げて鉄道のストライキ対策を練った方がいいと思います。


ブログランキング参加中、応援クリックよろしく
  ↓↓↓
ranking


  1. 2007/11/09(金) 20:00:01|
  2. ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。