FC2ブログ

失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

正しい宛名の書き方(笑)

先週、パスポートの氏名変更のため必要になった書類を父に郵便で送ってもらいました。

普通なら4・5日で届くはずの手紙が届きません。
昨日は、父に電話をして

「ちゃんとAir Mailって書いた?」

と訊くと、書かなかったけれども郵便局の人がスタンプ押していたという。

切手の値段も、航空郵便の値段なので時期に来るだろうと待ち続けて、やっと今日、届きました。

封筒には、ドイツの郵便局のシールが貼ってあり正しく宛先を書いてくださいとの文字

封筒を見て、私たち二人は笑いました。

封筒には、左右対称に大きく書かれた、宛先と送り主の住所。
しかも、本来なら右に宛先、左に送り主の住所が来るのですが、逆。
そして、~へを意味するTo、と~よりを意味するFromが書いていなかったようで、ドイツの郵便局でたぶんつけたしたようなToとFromがかいてありました。

ですので、今日は父がブログネタを提供してくれたのと、「手紙を書きたいけれど、宛先の書き方がわからない」という方が多いので簡単に説明、まずは、見本を見てください。日本から海外への送り方

germany


赤線で囲まれているのが宛先、青線で囲まれているのが送り主を記入する位置です。

封書でも、ハガキでも同じです。

1行目:宛先ならTo、送り主ならFromを記入しまず氏名を記入
2行目:番地までの住所を記入
3行目:郵便番号に値する番号、ドイツなら5桁を記入し地名を記入
4行目:国名を記入

以上です。

海外から日本へ送る場合は、Japanと書けば後は、日本国内に送るのと同じに日本語で住所を書くと、田舎は1日早く届く気がします

japan


知っておくとちょっと役立ちます。

では、これから日本総領事館へ行ってきます。
  1. 2007/11/02(金) 21:56:50|
  2. その他