失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボーノ、ボーノ!食べ納め~

my妹滞在最終日は、近所のイタリアンレストランのランチに行ってきました。

ANAの成田行きは夜8時45分フランクフルト空港発だからゆっくりお昼を食べてお昼寝をして出かけても我が家からは余裕です。

ランチ8.5ユーロのコースにしました。

前菜は、牛肉のカルパッチョ

ita091002.jpg

美味しいかったーというのは言うまでもなく、ドイツなのになぜかポン酢がかかっているような味わい。きっとポン酢に似た味のバルサミコがあるのかも。

私たちがカルパッチョを食べている間、この人は。。。

hiyoko091001.jpg

バケットとオリーブ、そしてカルパッチョに添えてあったネクタリンに夢中です。

ちょっと店内を散歩してから。。。ここはいつも貸し切り状態です。

メインのペンネ・野菜ソース

ita091002-1.jpg

これすんごく美味しかった!

hiyoko091001-1.jpg

ヒヨコも無我夢中。
私の分から三分の一以上はヒヨコのお皿へ

hiyoko091001-2.jpg

最後まで奇麗に食べてもまだ物足りなさそうでした。今度からはヒヨコ用にもパスタだけオーダーしようと思います。

写真を取り忘れましたが、この後デザートにクリームブリュレがつきました。
とっても満足のいくランチでした。

ヒヨコはまたもやイタリア人マスターにキスをされ店をあとにしました。

いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/10/02(金) 20:52:11|
  2. 妹ドイツに居ます。2009

リューデスハイムへリベンジ

リューデスハイムを目指したけれども、たどり着かなかった次の日、リベンジで今度はリューデスハイムのみに向かいました。

車で我が家から40分。

こんな近い所にあるならば前日も一度家まで帰ってから向かえば良かったと思ってしまったくらいだ。
でも、リベンジしたかいがありました!

rue1.jpg

ぜひ肉眼で見て欲しい景色でした。
(注:群馬の皆様、手前に見えるのは桑畑ではございません。ブドウ畑ですよ。)

ここに来る予定は全くなかったのですが、

リューデスハイムに着きmy妹にブドウ畑を見せてあげようと、山の上の方に車を走らせると、相方が
「ここを曲がるとお城があるよ。」
と言う。
「あんた、行ったことのあるみたいなこと言うね。」
と言うと、
「だから、行ったことあるって言ったじゃないですか。旧東ドイツ時代にグループ旅行で来た事があるんです。」

旧東ドイツでは旧西ドイツへの個人旅行は出来ませんでしたが旅行会社などの企画したグループ旅行は出来たらしいです。

相方のおかげで見られて素晴らしい景色そこからは街に降りるゴンドラ?乗り場や大きな銅像も建っております。

rue2.jpg

ゴンドラ?に乗ろうと思ったら、一人往復6.5ユーロ。。。大人3人だと19.5ユーロか。
美味しい物食べた方がいいな。

と言うことで、ゴンドラ?ではなく車で街まで降りました。

ちょこっと街の中を見ると、山の上で乗ろうとしていたゴンドラを待つ人の長蛇の列に出くわしました。
あの景色は絶対に見ておいた方が良いよぉ。と思う反面、この長蛇の列をヒヨコと待たなくてはいけなかったと思うと乗らないで良かったぁ。と思いました。

rue3.jpg

この日は路上駐車で2時間までしか駐車券が買えなかったので、お昼を食べてから相方が駐車券を延長することにしたので駐車場から一番近いところにあったレストランで食べました。

ワインは、相方が辛口、私が中辛、妹が甘口の白ワインを飲みました。それぞれでワイングラスに描かれている絵の色が違います。
食事は、私と妹はストラスブールで食べられなかった、フラムクーヘン(薄ピザ生地にサワークリームを塗り玉ねぎとベーコンをのせて焼いたもの)を注文、妹のは普通のよりも酸っぱいタイプのサワークリームでした。食べきれなかったらどうしようかと思いましたが、お互い一切れずつ相方にあげた以外は間食でした。
相方はヘッセン風ジャガイモ炒めでした。

rue4.jpg

ワインの街だけ合ってどこもかしこもワイン、ワインでした。レストランには上の写真のようにブドウがなっているところもありました。

ワインの収穫時期でもあるこの時期には若い発酵途中のワイン、フェーダ-バイツェンというのが味わえます。微炭酸入りのブドウジュースのようで美味しいです。
レストランでは、このフェーダ-バイツェンと玉ねぎのケーキをセットで提供しています、このセットはどこのレストランでも4ユーロ前後なのでぜひ一度味わってもらいたいです。
もちろんフェーダーバイツェンは持ち帰れますが発酵途中のため密封が出来ないので、日本へは持ち帰れません。またどんどん発酵が進むので冷やして早めに飲まれることをおすすめします。

rue5.jpg

お腹がいっぱいになった後は、旅行ガイドには絶対に載っている”ツグミ横町”などを散策しました。
ヒヨコがベビーカーの中で寝てしまったので、噴水のある小さな公園で一休みしました。

今回ヒヨコの写真がありませんが、ヒヨコは右上の噴水の奥に写っているベビーカーで寝ています。
まるで、ウォーリーを探せ!のようですが。。。。

とても素敵なリューデスハイムの旅でした。
リューデスハイムは9月そして紅葉の始まる10月がおすすめですね。

いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/30(水) 19:42:34|
  2. 妹ドイツに居ます。2009

レストランのかわいいメニュー

ドイツって何で同じ名前の街があるのでしょうか?

先週、ビルケンシュトックのアウトレットに行った帰りにリューデスハイムによって帰ろうとナビで調べたら、2カ所ある。
しかも、そこからはほぼ同じくらいの距離のところに。。。

一つはラインファルツ州、もう一つはヘッセン州。

相方はラインファルツ州だと言う、私はラインファルツ州も気になるがリューデスハイムの後についているアム・ラインの文字が気になる。

で、結局相方の意見で。。。。とついた先は私が見たことのあるリューデスハイムとは違う。
周りの人に聞いてもちょっと違う答えが。。。。やっぱり違うリューデスハイムに来てしまった。と気づきもう一つの方のリューデスハイムをナビに登録すると、そこから25kmの地点でした。

相方は一人で
「なんで同じ名前の街が25kmしか離れていない場所にあるんだ。」
とぶつくさと文句を言っていた。
もちろん私はぶつくさではなく、いつものように相方に向かって文句を言ったけどね。

結局、その後リューデスハイムにたどり着く前に私はついたと思って後から知ったのだがBingenと言う町を散策したのでした。
目的地のリューデスハイムは川の向こうでした。

そんな町で見かけたじゃかわいいもの。

bi090925.jpg

レストランのメニューだ。
いいアイデア!

これで写真付きのメニューだったら言うことなしなのだが。

bi090925-1.jpg

こんな入り口の可愛いレストラン。
ヒヨコの寝る時間が迫っていなければここで夕飯を食べていきたいと思ったのだが断念。

もし今度Bingenに行くことがあったらよってみたいと思ったレストランでした。

それにしても、我が家のナビはどうしても私たちをフェリーで川向こうに連れて行きたくてしょうがないようです。
希望する以外フェリー除外って操作はできないのかしら。

いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/29(火) 20:38:53|
  2. 妹ドイツに居ます。2009

ごちそうさまでした。

今日は、8月にTちゃんと遊びに来てくれたIさんのお家へ。

相方の仕事が終わってから出発して、車で一時間(走行距離80km位)のところに行ってきました。行きは私が運転をして帰りは相方が運転しました。

Iさんの住居は理想的な住まいでした。
周りは緑は豊かだし。
ここのように殺伐とした感じではないし。
いいな。いいな。

ヒヨコは、自分の家に誰かが来てくれるのは慣れているけれども、最近は託児所や買い物以外は出かけないので、緊張していたようです。

hiyoko090913-1.jpg

Iさんのご主人はお料理が大好きだそうで、私たちに腕をふるってくれたのですが、ヒヨコはきょとーんとしたまま。

hiyoko090913.jpg

子ども好きなご主人なのでヒヨコと仲良くなろうと、ちょこちょこっと手を振ったり顔を傾けたりして少しずつ距離を縮めていました。

ヒヨコにも奇麗にスープを用意してくれました。(いつもの通り、ヒヨコの椅子とお皿とスプーンは持参。)
カボチャのスープ。エビとヨーグルトソース、パセリが添えられています。
とっても美味しいスープでした。相方とmy妹はおかわりしていました。

ご主人がメインを料理してくれている間、バルコニーから共同の庭を覗きました。
するとプルーンが豊作!
090913.jpg

プルーンって木になるんですね。。。。知らなくてスミマセン。

ヒヨコはIさんにたくさん遊んでもらって、超ご機嫌。ご主人にもベッタリ。

メインのドイツ風トンカツとジャガイモ炒めとサラダ
090913-1.jpg

デザートには、ご主人のお母さん手作りのケーキとアイスクリームを頂きました。

どれもとてもおいしく。
それから、前回同様Iさんが面白くて時間が過ぎるのがあっという間でした。
my妹もとても喜んでいました。

またいつか一緒に何かできればいいなぁ。

いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/14(月) 06:20:50|
  2. 妹ドイツに居ます。2009
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。