失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大きいお肉を食べたよ。ストラスブール

前回に引き続き、ストラスブール。

まずは久しぶりに変顔を

hiyoko090924-2.jpg

普段自分の部屋で一人で寝ているヒヨコ。
家では良い習慣が出来ていていいなぁと思っているけれども、お泊りしたときが困りもの。
他の人が一緒だと興奮して中々眠れません。
なのでベットの中から
「おーい。一緒に遊ぼうよ~。」
と私たちを誘っているのだ。
それでも私たちは相手にせず寝たふりをして待つこと数時間。。。。本当はワインを飲んだり、23日に合ったドイツ語のテストの勉強をしたいと思っていたのに、結局ストラスブールの2泊とも一番最後に寝たのはヒヨコでした。

次の日は、前日と同じところに駐車しようとしたら、日曜日だからかわかりませんが、前日に通れた道が閉まっていたので街の中をあいている駐車場を探しながらクルクル回り結局遠回りをして反対の入り口から前日に止めた駐車場に止めました。前日の駐車場での罰金のことがあったので多めに小銭を持って4時間分くらい駐車券を購入しようと思ったら、初めに表示されている時間は現時間なのにお金を入れると現時間より前の時間に何度やってもなってしまうので相方を呼びに行って確認してもらうと、日曜日は駐車場は無料でした。
二人して
「無料でうれしいけれども、無料だと思うとさらに昨日の罰金の紙が何だったのかと思う。」
と話しながら街へ向かいました。

ストラスブールへの旅行中ずっと快晴でぽかぽか陽気。

st8.jpg
前日までドイツは肌寒かったので寒くないように長袖の服ばかりだったのでちょっと暑かったです。

ホテルから出るときには上の写真の遊覧船か町の中を巡る観光ミニバス(?)に乗ろうと話していたのですが、駐車場を探しているときにクルクルと街の中を見て回ったのでこの日の目的ノートルダム大聖堂に直行することにしました。

st9.jpg

地図も持たずにフラフラ歩いていたのですが、妹が建物の後ろの方にそびえる大聖堂の先を見つけたのでそれを目印に進むとありました。

ドイツのケルン大聖堂もケルン駅から出てすぐドーーン!と建っていて見上げないと全容が見えないのですが、このノートルダム大聖堂もそれに負けないほど高くそびえていました。

st6.jpg

この大聖堂のステンドグラスがとってもきれいでした。
教会や大聖堂によっては、何か息苦しいような感じがしてすぐに出てきたくなるところもありますがここの大聖堂は何時間でもいられるようなゆったりとした気持ちになれました。
上の写真の左上は大聖堂の外側から撮ったもの、同じ場所を中から見ると右上のこんな素敵なステンドグラスが現れます。円の下の細長いステンドグラスは一つ一つ模様や色が違いこれもまた良かったです。

右下の写真は、大聖堂を出てすぐ角のところにあったものですが、相方が魔よけだよ。と言いながら戻ってまでも写真を撮っていました。

この後は、大聖堂の周りのお土産屋さんなどをウロチョロしながらベビーカーも止められるレストランを探しました。

いろいろレストランを見ましたが、どこもいっぱいで結局大聖堂の目の前にあるレストランにしました。

レストランでは、my妹はアイスバイン(ドイツ料理かな?)を。
ヒヨコはmy妹に抱っこされながら、料理が来るのが待ちきれなくて

hiyoko090924.jpg

料理が来たときにいつもする「フーフー」の予行練習をしていました。(笑)

料理がくると
hiyoko090924-1.jpg

「これよ、これ!私が待っていたのは!」

と大喜び!そしてmy妹が切ってくれるのが待てないようで肉の塊の端っこからむしって食べていました。

このアイスバインを注文するときに、そのままで提供するか食べやすいようにして提供するか聞かれたので、食べやすいようにしてもらったのですが手数料4ユーロかかっていました。でも、食べやすいようにしてもらってもこの肉の塊だったので、もしそのまま出してもらっていたら食べられなかったかもしれません。

私はこの地域で有名なフラムクーヘン(薄いピザ生地にサワークリームと玉ねぎ・ベーコンをのせて焼いたもの)を食べたかったのですが、このレストランには無かったので
st7.jpg

写真左の玉ねぎのケーキ(キッシュかな?)を食べました。相方はステーキを。
my妹は、主食としてフライドポテトがついてくるのがどうしても気に入りません。
「フライドポテトはサイドだろう。油物に油物は好かん!」
と毎回言っています。

駐車場で罰金の紙を貼られたり、相方が何回も道を間違えたり、ホテルで朝食一人7ユーロと書いてあったのに請求されたのは8ユーロ!しかもヒヨコの分もしっかり取られたりしたけれども。
とっても素敵な街でした。
それと新しい発見がありました。
それは、石畳の道は平らな道を歩くよりも全然疲れないことがわかりました。
つぼを押してくれているのか、それとも重さが分散されるのかはわかりませんがびっくりでした。

いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/26(土) 05:39:48|
  2. 旅行
  3. | コメント:2

かわいい街ストラスブール

先週末から二泊三日で出かけたドイツとの国境沿いにあるフランスの街ストラスブール。
このストラスブールが属する地域一帯をアルザス(ドイツ語ではエルザス)と言います。

アルザス地方は、17世紀から19世紀にかけて何度もフランス領になったりドイツ領になったりした地域で1940年フランスの降伏によりドイツ領になりましたが、1945年ドイツの降伏によりフランス領土に戻りました。

ですから、年配の方たちはドイツ語を話せます。
ホテルを予約したときもすぐにドイツ語でメールの返事が来ました。フランス語は第二外国語で取っていたmy妹と私、でも数字すら10以上は忘れているので大丈夫かなぁ。と思っていたのでドイツ語が使えると思うと気楽でしたが。。。。。

st2.jpg

意外とドイツ語が通じなくて。。。。
英語も通じなくて。。。。

ありゃりゃりゃりゃでした。

それでも、街を行きかう人はドイツ人(ドイツ語を使う人)が多くてびっくり!

それに、街がとっても素敵なのでいろいろなところを歩きました。
(素敵だけれども、道路とかは犬の糞が多くてびっくり。。。)

st3.jpg

ストラスブールに出かける前にネットで調べたら、ストラスブールは宮崎駿氏の「ハウルの動く城」の主人公・ソフィーが住んでいた街のモデルになったところと聞き、my妹とその話をしながら街を歩いていると、偶然見かけたのが上の写真の黄色いお店、相方は意味がわからず妹が写真を撮っているのを真似して撮っただけだったので文字が見えませんが、店の名前に「ソフィー」とあります。しかも帽子屋さんでした。何か関係があるのだろうか?

st4.jpg

かわいいレストランがたくさん、しかーしランチの時間が過ぎるとほとんどの店が閉まってしまうのでお昼休みをしないお店はとても込んでいて、初めに入ったお店は席に座っても中々オーダーを聞きにこないので、違うお店に移動しました。

st5.jpg

遊覧船も通るこの河、急流を使ってカヌー上りの練習をしていました。

hiyoko090923.jpg

公園大好きなヒヨコ、ストラスブールの公園でも楽しくてかえりたくなかったようですが、どうしても時間が迫っているので車へ。。。。というのは、駐車場の時間。

私たちはこの日駐車場に車を止めて、14時56分に券売機で1時間分の駐車代を払い少し町並みを見て、ヒヨコも寝そうに無かったので延長しようと15時30分ころ2時間延長分の駐車券を買い、車に戻ると、なぜかなぜか駐車料金未納の罰金の紙が置かれていました。しかも、その紙には15時15分と書かれていました。。。よくわからんおフランス。
近くにいたセキュリティーか駐車場の人かわからないけれども制服を着た人がいたので聞いてみるとドイツ語も英語も話せずどうしようかと思ったが、駐車券と罰金の紙の時間を見せると
「ノン プロブレム」
と言いながら、フランス語と身振り手振りで駐車券と罰金の紙を罰金の紙に書かれている住所に送るように言っていました。

そんな分けで、駐車料金を払っても罰金を取られそうになってしまった私たちはまた罰金の紙が貼られていないか心配で早めに駐車場に戻ったのでした。

夕飯は、ホテルの近くのスーパーでいろいろ買ってフランスパンと一緒に食べました。
フランスパン、スーパーのパン屋さんのだったけれどもとってもおいしかった~。
妹もおいしい、おいしいと食べていましたが、ヒヨコが無言でパクパク、パクパク食べていました。

いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/24(木) 23:54:12|
  2. 旅行
  3. | コメント:4

ストラスブール(フランス)に行ってきました。

先週の土曜日から二泊3日でここから車で2時間ちょっとで行けるフランスのストラスブールに行ってきました。
sb1.jpg

と旅行の様子を書きたいのですが、明日ドイツ語の政治経済などのテストがあるので、ちょこっとだけ。。

ストラスブールの街はかわいい!かった~。
二日間街の中をうろちょろしたのにあきませんでした。

hiyoko090921.jpg

ヒヨコは街の中にある公園で遊びました。
ドイツの公園とはまた違った遊具などがありました。

hiyoko090921-1.jpg

二日目のお昼にはこ~んな大きなお肉を食べましたよ。
さすが、ヒヨコはドイツ人だな~。肉の塊が似合ってます。(笑)

と言うことで、また後で~。


いつもありがとうございます。今日も読んだよ、の”3”クリックよろしくね。
      ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング] [地域情報・たびすま人気ブログランキング]

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/23(水) 03:39:49|
  2. 旅行

山の音楽家

シュタウフェン、極寒散歩の後はご飯をたくさん食べて、みんなでヒヨコの音楽会。

まずは、ユディットママがキッチンからプラスチックスプーンを2本持ってきてバチ代わり。
hiyoko090108.jpg
しかし、いつもの味見から。

すると、ユディットママが叩く方だけじゃダメねとヨーグルトの瓶のふたを持ってきた。

hiyoko090108-1.jpg

こちらもまずは噛みごたえから

そして次に出てきたのは、
hiyoko090108-2.jpg
カメラのフィルムケースに豆を入れたモノ。

こうやってふって使うのよ!
と言うもまた味見から、その後ユディットがヒヨコの手を振るとやっとカタカタカタと音が鳴り出す。

そして、またユディットママが何かを持ってくる。

hiyoko090108-3.jpg
ヨーグルトのビンのふたで叩いたら良いという。

私がお手本を見せることに
まず、スプーンで机を叩きながら

「ナンミョーウホーレンゲイキョ」
チーン!
「クッタラネーロ ネータラクーエ」これは小さい頃、叔母が教えてくれた
チーン!

そして一礼。ペコ。

皆様、なぜかキョトンとしておりました。(爆)

その後、ユディットが立ち上がりヒヨコを毛布にくるみどこかにすると、ピアノの音が
hiyoko090108-4.jpg

寒いピアノ部屋にはピアノを弾く叩くヒヨコの姿が

hiyoko090108-5.jpg

全く止める気配がありません。キッチンで片付けをしていたユディットママも本当にヒヨコが音を出しているのか見に来るほど叩いていました。

ユディットママが
「いっぱいこのピアノで練習して有名なピアニストになってくれないと。」
と言っていました。

相方はキーボードを買う気満々。

え?誰が教えるの?
あ~。私か?! 
ナンミョーホーレンゲーキョー 1クリック↓ クッタラネーロネータラクーエー 1クリック↓
     ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

この様子をビデオで撮ったので帰宅してからヒヨコに見せると、
ピアノのシーンだけは手を振って喜びます。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

  1. 2009/01/08(木) 21:01:34|
  2. 旅行

極寒散歩の末

Staufen(シュタウフェン)二日目。
そり滑りに行こうかと言っていたのですが、車の都合上キャンセル。

で、また散歩。
この日は、私。何を思ったかヒヨコをベビーカーではなくオンブor抱っこして出かけたらどうだろう。と思ってしまったのですね。

そして、寝起きにちょっとジュースを飲んだヒヨコをジャンバー着せて、オンブ紐を通し、ユディットに渡す。そして、ユディットが抱っこ。

hiyoko090106.jpg

はい、しゅっぱーつ!

寒いです。外。
顔が痛いです。外。
副作用で大きい顔も縮まりそうな勢いの寒さ。

道先案内人のユディットはいつも良くしゃべり、街の歴史についてや出来事などを話してくれます。
この日は、友達の家の紹介

「あそこに見える家は、私の初めての白い友達の家。」

ユディットは生後3ヶ月でタンザニアに移住。
数年後ドイツに帰国し、初めて行った保育園でクラスの子がみんな白くて不思議で打ち込めなかったユディットに初めて声をかけてくれたのがユリアと言う女の子でその子がユディットの初めての友達でそれから長い月日が経った今も友達なのだそうだ。

逆の話は良く聞きますがね。

今回は城壁を逆回りで回る散歩コース。
この日はマイナス10度、流れる川も数センチ凍っていました。

burgstaufen3.jpg

道路も川の近くはつるっつる。
足だけ緊張して歩いていました。

帰りは、ブドウ畑を通り抜けて帰るコースを選択。
山道になるので一段と寒くなります。

すると、アラームが。。。
hiyoko090106-1.jpg

歌を歌ったり、ジャンプしたりで初めはまぎれていたのですが、ついに泣き始めました。
異例な事態発生です!!

飲み物も食べ物もおむつも持ってきていません。

たぶんお腹が空いたのだろう。

とりあえず、ひたすら歩くしかありません。

が!!!!あともう少しと言うところで、ブドウ畑の門が閉められており引き戻します。

そして私がすってんコロリン!!
おしりが。。。。
そんな事言っている場合ではなく、一番近道になる超急な坂道を上ります。70度くらいあるのではないかと言っていた坂。かなりきつかった~。一応普段は病人ですからこんな坂道上りません。

泣き続けるヒヨコを抱っこするユディットには先に帰ってもらい。
ゆっくり歩いて前へ進むのみ。
流石に坂道がきつかったのと寒さで足がつり、やばいなと思ったが回復。

10分後くらいにユディット宅へ着くと玄関前で泣くヒヨコとユディットが!
どうやらユディットの彼が鍵を持っていたのと、中にいたママが玄関のブザーに気付かなかったので中に入れなかったそうだ。

かわいそうなユディット。
普段泣かないヒヨコに泣かれ、彼女自身も泣きそうになった。と。
一度は泣きやんだのに家の前で待っていたら泣き始めたそうです。

どうやら空腹より、寒さに負けたヒヨコでした。

家に入り、おむつを取り替え抱っこをすると、いつものニコニコに戻ったヒヨコ。

暖炉の前で遊んでいると、後ろでカシャカシャ何かをしている人が。。。。。

相方です。
カメラが寒さで故障・・・・とか。

いやはや、寒さってすごいですね。

普段泣かないヒヨコは大泣き。
ニコンD50は壊れ。

これぞマイナス10度以下の悲劇です。

で、私。足フラフラです。

そして、DNAを感じた一枚です。足に注目!
hiyoko090106-2.jpg

おもわず、みんなで大笑い!!
     ↓↓          ↓↓
[人気ブログランキング] [FC2ブログランキング]

相方のカメラはその後も故障中で、昨日カメラ屋さんに持って行きました。
デュッセルドルフにあるNIKONに送って修理をするので4週間くらいかかるとか。
修理代?わかりません。
NIKONのカメラって保証期間24ヶ月なんです。
購入して25ヶ月目の故障です。ちーん↓
カメラ屋さんも「NIKONってそう言うことが多いんですよ。」って言っていたそうだ。

しばらくは、ビデオのカメラ機能での撮影になりまーす。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

  1. 2009/01/08(木) 08:14:13|
  2. 旅行
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。