失敗は成功のもと

お国が変われば、いろいろ失敗多し、それを乗り越えドイツで日々生活中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さらば、妊娠糖尿病!

いよいよ今日3月28日は出産予定日。

今のところまだ陣痛はないが午前中に出産する病院に行き、その時点でも陣痛が観られない場合は陣痛促進剤で陣痛を起こし出産します。

出産が終わると、約2ヶ月間つきあってきたこれらとはお別れです。

tounyou.jpg


真ん中の血糖値を計る機械には泣かされました。
毎食前後、1日計6回。

もう左手の指の腹には黒い点々が跡で残っています。
始めは皮膚が薄かったので一番短く針が出るように設定していましたが、今では日々の積み重ねで皮膚が少し厚くなったようで針も少し長く出るように設定しています。
最後の方は、あまり計らなかったけれどもね。。。。

そして2種類のインシュリン。
左の黄色い方は、毎食前1日3回お腹の周りに刺す。
右の緑色は、夜寝る前に太ももに。

この注射を打つ際は、父子で私の邪魔をしてくれました。

父(相方)は、私が
「今からインシュリンを打つから私に近づかないでね。」
と言うと
「うん、わかった。終わるまでここで待っているよ。」

と言うので、集中してお腹に注射針を刺し始める。ちょこっと針の先が入ったくらいで

ガタッ


「もーーーーう!近づかないでって言ったじゃん!!
終わるまで待ってるって言ってたでしょ!なんで動くの!しかも私にぶつかってーー」

と怒る私

「ごめんなさい。だって少し時間かかると思って、この隙間なら当たらずに通れると思ったんだもの。。。」
と焦る相方。

それからは、私がインシュリンを打つときは、
動くな!手をあげろ!状態です。

そして、子の方はお腹に注射を刺そうとすると、ボコッ。っとお腹の中から攻撃してくるのです。
こればかりはどうにもならないので、いつもお腹の左側にいるので、注射は右側を意識して打つようにしていました。

思い起こせば、こんなこともありました。
緑色の太ももに打つ注射は、お腹に打つのと比べてめちゃめちゃ痛い。
しかも、指定されている場所に打つにはお腹が邪魔して良く見えない。

右手で注射
左手でお腹を支える。

そうすると、太ももの肉をつまむことが出来ない。
そこで、怖いけれども相方に手伝ってもらう。

相方に太ももの肉をつまんでもらい、私が注射とお腹を。

そして、注射を太ももに近づけていく。



イテテテッ!

針が刺さっていないのに、私が叫ぶので相方はきょとんとしている。しかも私に

「バカ!それじゃ、つまむんじゃなくて、つねってるんだよ!」

とせっかく手伝ってくれているのに怒られる相方であった。
どうやら、針が太ももに近づくにつれ緊張の余り手に力が入り過ぎたようだ。

そんな妊娠糖尿病生活も出産と共に終了です。

妊娠糖尿病は、だいたいは妊娠中のみらしいが、そのまま本当に糖尿病になってしまう人もいるそうなので、出産後8週~12週の間にもう一度血糖値の検査をするそうです。

ブログランキング参加中!いろいろあったなー妊娠糖尿病生活。応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←毎日健闘中。今日もトロフィーつくかな?
[FC2ブログランキング]←1位キープできるかな?こちらもクリックお願いします。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活


スポンサーサイト

テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/03/28(金) 05:23:26|
  2. ○ドイツで妊婦生活

最後の産婦人科の診察に行ってきました!

女医さんも先週には予想もしていなかった、今日の診察。

看護婦さんも、もう今日は私は来ないと思っていました。

私が、予約の十時に来院すると皆。

「あれ?まだ産まれていなかったの?」

と言うので

「どうやら、この子は冬には産まれたくないようです。」

と言った。
ドイツはここ数日冬に逆戻りしています。今朝は雪が積もっていました。

すぐに心音を取る部屋に、そして23日に陣痛が8分から10分おきにきたので、出産する病院に行ったけれども、その後陣痛が消えたきり産まれる気配のないことを告げた。

今日の心音でも陣痛はみられなかった。

こればかりは、女医さんもいつ産まれると言えないけれども、このまま陣痛が来なくても妊娠糖尿病患者なので28日の出産予定日には出産する病院に行って、陣痛促進剤などを使い28日に産むそうです。

ブログランキング参加中!待ちぼうけーー。応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←毎日健闘中。またトロフィーつくかな?
[FC2ブログランキング]←1位キープできるかな?こちらもクリックお願いします。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活


テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/03/26(水) 16:01:26|
  2. ○ドイツで妊婦生活

我が家の新車

まだ産まれませんが、今日は我が家の新車を紹介します。

赤いベビーカーです。

babywagen1.jpg   babywagen2.jpg

左の写真が日本で言うA型タイプになると思います。
両方とも上の部分が取り外し可能でこれらはチャイルドシートになります。
普通は、右のものがあれば十分です。

 babywagen3.jpg

1歳くらいになったらこのB型を使います。

本当は、スペインのJaneと言うメーカーのベビーカーが欲しかったのですがかなり妥協して、Janeの半値のこのベビーカーに。。。それでも義母には高い!と文句を言われましたが、義母がお金を出すわけでもないので、これが良いんじゃないかといろいろカタログと値段を見せてくれましたが、これだけは一歩も譲らず購入しました。

譲れない点、
1.タイヤが大きいこと→歩道がわざとがたがた道になっているので小さいタイヤではガタガタ揺れてしっかり動けない。

2.10kg以下なこと→タイヤがしっかりしているせいかほとんどのベビーカーが10kg以上、中には15kgや18kgなんてのもあります。子供を乗せたら軽く20kgを超します。駅の階段にはエスカレーターやエレベーターが設置されていないところが多いので1kgでも軽い物。

3.赤ちゃんを寝かせたまま取り外し可能な入れ物が衝撃に強い素材であること。

この3点が私たちの譲れない点。
特に3は、生後一ヶ月で片道12時間のフライトをするにあたって絶対必要な物でした。
それで選ばれたのがこの1台3役のベビーカー。
お値段は、5万円くらい。。。高い!けれども安全を買ったと思って。。。

土台がアルミニュームで出来ているので、一番重いA型タイプでも8kgです。

ドイツでは雪が降ろうが雨が降ろうが、1日1時間くらい外を散歩しなくてはいけないと言われているので大活躍してくれることでしょう。

ブログランキング参加中!応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←毎日健闘中。またトロフィーつくかな?
[FC2ブログランキング]←1位キープできるかな?こちらもクリックお願いします。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/03/25(火) 23:27:10|
  2. ○ドイツで妊婦生活

まだ産まれないよ。

まだ、産まれていません!

陣痛も昨日の朝消えて以来ありません。

昨日から雪が降ったり雹が降ったり、あられが降ったりで冬になったドイツ。
どうやら赤ちゃんは私似だろう超気まぐれで、

寒いからもう少しお腹の中にいよう!

と思ったらしく、再度活発に動き始めています。

特に韓国ドラマ「チャングムの誓い」を観ているときは、お腹を突き破って出て来るのではないかと思うほどの勢い。

「痛いよ!!もうみんな産まれてくるの待ってるんだから静かになって産まれておいで!」

というと静かになるが、エンディングテーマがなるとまた動き出す。

私はいつも相方や父母に言っているが、たぶんお腹の子の子守歌はチャングムの誓いのエンディングテーマ曲。そして初めて言う言葉は「チャングム」だろうと。

日本の皆さんも、産まれたかな?と毎日ブログを覗いてくれているようですが、ドイツ側では相方の3人の姪と甥がどんな従姉妹が産まれてくるのか興味津々で待っているそうです。田舎に住んでいるので余りハーフの子とか、アジア人の子とかがいないのでいろいろ賭をしているようです。

目と髪の毛は、何色かが重要らしい。

それぞれ自分と同じじゃないかと予想しているらしい。
一番小さな甥が青い目にブロンド。
もう1人の甥が茶色い目にオレンジ色の髪の毛。
姪は、茶色い目にダークブラウンの髪の毛。

小さな甥は、「絶対、僕とお母さんとおじいちゃんと同じで青い目だよ。」
と1人だけ青い目だと頑張っているようです。

私も青い目に期待!ちなみに相方は身分証明書には”茶色”と書かれているが、緑っぽいような黄色っぽいような実家にいる猫の目みたいな色をしている。

相方が言うには、ほとんどの子供は青い目で産まれてきて後から色が変わってくるそうなので初めは青い目だろうと。

まぁ、とにかく元気に無事で産まれてきて欲しいものです。

ブログランキング参加中!応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←毎日健闘中。またトロフィーつくかな?
[FC2ブログランキング]←1位キープできるかな?こちらもクリックお願いします。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活

テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/03/24(月) 20:14:43|
  2. ○ドイツで妊婦生活

日帰りで病院から帰宅

今朝、相方を起こし、とりあえず、近いので病院に行ってみました。

病院についたのが4時前。

夜勤の助産婦さんが対応してくれ、心音を取り、始めは陣痛が読み取れたのに時間が経つにつれ陣痛がなくなっていく。

途中、赤ちゃんが寝てしまい中々心音がとれないのでお腹を両手ではさみ揺する若い助産婦さん。

若い助産婦さんの痛い触診を受け、子宮はまだ3センチしか開いていないけれども、人によってはその日のうちに産まれる可能性があるので、とりあえず1時間半散歩などをして時間をつぶしてまた心音を取ることになった。

相方と病院中をくるくるくるくる行ったり来たり、7階まで階段で上がったり降りたりを繰り返したり、して1時間半を過ごし、心音をまた取る。

心音を取っている最中に女医さんが血液を採りに来たけれどもこの女医さんが今までの中で一番下手!!!結局5回も針を刺してやっと血液が採れました。

心音を取ったけれども、やはり陣痛が読み取れないので、とりあえず病室で夕方まで待って帰宅するかどうか考えようと言われ、朝食と昼食を食べて、その後ちょっと昼寝をしてからお医者さんの触診を受け帰ってきました。

朝ご飯と夕飯は、帝王切開をした人は初日だけ病室で、それ以外の人は、別室でブュッヒェスタイルの簡単な食事(パンとハムとチーズ、ヨーグルト、果物)

お昼は、全員病室で温かい食事が出るそうです。

今日のメインは、鹿肉でした。

shika.jpg


ジャガイモの団子は病院食なのにちょっとしょっぱくてビックリでした。
鹿の肉半分とスープとデザート以外は、相方が食べました。

病院の中を散歩しているときに、モスラム教徒の専用礼拝室を見つけ、さすがドイツ語の次に英語ではなくトルコ語表記がされている町にある病院だなと思いました。

他にも、看護婦さんもトルコ人の人が数人いて患者さんとお医者さんの通訳をしたりしていました。

私は一生懸命ドイツ語を聞き取り、返事をしなければいけないのにいいなぁとちょっと思いました。
やっぱり、今日もそうだったがちょっと年配の外国人の助産婦さんのドイツ語はわかりづらく、相手も私が何を言っているのかわからなく苦労します。

出産までにはあと1日はかかるだろうと言われました。さていつになることでしょうか。

ブログランキング参加中!応援クリックお願いします。
[人気ブログランキング]←毎日健闘中。またトロフィーつくかな?
[FC2ブログランキング]←1位キープできるかな?こちらもクリックお願いします。

今までのドイツでの妊婦記事は、まとめてこちらから読めます。→ドイツで妊婦生活

テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/03/23(日) 16:33:49|
  2. ○ドイツで妊婦生活
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。